マチュピチュ遺跡に自力でいってみよう~2012年旅の技術~



ペルーの誇るインカ文明の古代遺跡、マチュピチュ。
バックパッカーならではのわくわく&激安の行きかたで行ってみてください。
それは・・バス+コレクティーボ(乗り合いタクシー)+トレッキングのフルコース!
安さとローカルな雰囲気が一番味わえることから、最近バックパッカーに人気が出ているルートみたいです。
Aguas Calientes、通称マチュピチュ村までの所要時間は約10時間。予算:50ソル(約1500円)
Cuzco-SantaMariaバスORコレクティーボ:30ソル
SantaMaria-Hidroelecrorica(水力発電所) コレクティーボ:20ソル

バス又はコレクティーボで Santa Maria に行く(バス6時間、コレクティーボ4時間)降りると、普通のセダン自動車の運転手がコレクティーボ?と聞いてきます。コレクティーボで Santa Maria ~ Hidroelectrica に行く(1時間半)←ここ、かなり急な崖道を猛スピードで走る&川越えするコレクティーボのスリルはたまりません!!
Hidroelectoricaからは線路に沿って、Aguas Calientesまでトレッキング11Km(3時間)

*雨期は土砂崩れなどもあり、たまに道が閉鎖になっていることもあるのでCuzcoを出るまでに確認しておいたほうがいいでしょう。
CuzcoのTourist Information Office(スペイン語、英語可)で、最新の情報を手に入れることができます。

Cathyの場合は、時間があったのでCuzso-Aguas Calientes間に点在するインカの町々を転々と泊まり歩きながら向かいました。(Ollantitanboなど)
Cuzcoから直接向かう場合は、皆朝6時くらいに出発しているようです。(到着は夜6時くらい)

水力発電所に到着したのが午後3時半、結局Aguas Callientes到着は午後6時半と真っ暗になってからの到着でした。暗くなると線路は本当に真っ暗になってしまうので、懐中電灯を持っていくか、早めに出ましょう。

また、多少お金をかけてもいいというひとはCuzcoとAguas Calientes間にあるOllantitanboまで行ってそこから直接電車を使ってAguas Calientesに乗り込むという手もあります。この方法だと電車は片道40ドルだったと思います。

Cuzcoからのバスまたはコレクティーボは、Estacion de bus “Santiago”というバス停から出ています。
荷物は大体のCuzcoのホステルがマチュピチュに行くバックパッカーの大きな荷物を数日無料で預かってくれます。数泊分の荷物だけ持って、後はCuzcoにおいていきましょう。
Aguas Calientesからマチュピチュ山までは、徒歩1時間半の急な上り坂です。
9ドルのバス(約20分)もあります。節約するのであれば、徒歩で行くこともできます。が!予想以上にハードなのでCathyは4時起きで行きは上ったにも関わらず、帰りはバスを使いました。帰りは徒歩の方がよかったかな・・
あと一応マチュピチュは、食料持込禁止なのですが、結構みんな食べながら歩いています。また、ワイナピチュの頂上では何故か普通にみんな持ってきたサンドイッチなどを食べたりしているので食料持参で絶景を楽しむべし!(Cathyはお酒にフルーツ、パンを持ち込みしました)

社会人のための<格安>語学留学【寮・食事付き】
104,500円/1ヶ月 の完全マンツーマン留学
フィリピン政府公式認定語学学校【NILS】

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>