やっぱりおかんは強いね~ペルーのジャイアント母~



ペルーはクスコのお祭りを見るため、Cathyがクスコに滞在していたときのこと。
昼過ぎにメルカド(市場)に寄ったので、早速メルカドの中にあるセビッチェの屋台で食事をとることにしました~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セビッチェとは、海鮮(タコ、白身魚のほぐしたの、エビなど)と水煮したマインス(トウモロコシ)などをまぜこぜにして、魚介のスープをかけレモンをしぼったサッパリとしたペルー伝統の一品料理です。
屋台のディスプレイも、きれい!!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セビッチェは海鮮大国日本に生まれたCathy達日本人にとっても馴染みやすい料理。その日も、おいしそうなセビッチェ屋台だったのでさっそくカウンターに友人と2人分の席を陣取ります。

ふくよかで、こういった屋台に立っているスタッフが必ず身に着けている割烹着(エプロン、というよりも日本の割烹着に限りなく 近い服装)を着た気の強そうなおばちゃんがCathyたちの目の前で大盛りのセビッチェをよそってくれた~
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひとくち食べて・・

おいしーーーーい!

さっぱりとしたレモンの酸味と、魚介のスープのコラボレーションに思わず無口になり黙々とスプーンを口に運び続けるCathyたち

しばらく夢中になっていましたがふと気がつくと、カウンターの内側、おばちゃんの向こう側にやせこけた背のちっちゃいおっちゃんがこっちに背を向けてなにか作業しているのが目に入りました。どうやら旦那さんのようです。

おばちゃん、私たちが食べているのを横目でみながらもちらちらとそちらを気にしている。
おじちゃんは包丁を持って、まな板を前に一生懸命セビッチェの具材を細かく刻んでいるようでした~

たまに、おじちゃんの小さい背中におばちゃんの罵声がとびます。

『あんた!そうじゃないよ、もうちょっと細かくしな!本当に使えないんだからね(スペイン語わかんないけどなんとなくこう言ってる気がする)』

おっちゃんはおばちゃんにそういわれる度、なんとかがんばってその意に応えようとするのですがなかなか手先がうまく言うことを聞かなくて。
男の意地があってか、そんな自分にもどかしいのか、おばちゃんの罵声を黙って背中で受け止めてる。

こっちを向かないので顔さえわからないけど、なんだかそんなちっちゃなおっちゃんが憐れに思えちゃってCathy、セビッチェを食べる手を休めてちょっぴり皮肉を込め、こう言いました

『おばちゃん先生だね』

するとおばちゃん、くるりと振り返ってあっけらかんとこう言った。

『まったく、(うちの亭主ときたら)なんにも理解できてないのさ』
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Cathyもお友達も2人とも苦笑い。

日本も世界も、女房が強いのはどこも同じ。
なんとも逞しいペルーのおばちゃんなのでした~

社会人のための<格安>語学留学【寮・食事付き】
104,500円/1ヶ月 の完全マンツーマン留学
フィリピン政府公式認定語学学校【NILS】

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>