南米のお湯事情~とってもカリエンテ!~



南米人とは肌が違うと、常々思うことがあります。
そう、それは一口にカルチャーギャップと言えなくもないのです。でもそれ以上に身体のつくりが違うからなのではとむりやり自分を納得させるしかない部分も。

それはお湯の感覚。

たぶん、音感というものがあるように肌にもそれぞれの人種がもつ温感があるのだと思うんだけど、南米人はこれが非常に鈍いんじゃないのかなって。

Cathyは日本人で、大の温泉好きとまではいきませんが、やっぱりお風呂に入るときには温かいお湯が一番。
一日の疲れが熱いお湯で一気に抜けて、リフレッシュする感覚。

ただ、残念なことに南米人の『熱いお湯』の感覚って、Cathyたちのそれとは相当かけ離れているようです。
Cathyがホテル探しをするときの重要項目

一、部屋は清潔か(汚いところはシャワールームに裸足で入れなかったりする)
二、熱いシャワーが使えるか(ここ重要ポイント!)
三、ネットが使えるか(あると情報収集に非常に便利)

逆にこの3つさえ整っていればたいていは快適すぎるくらいな宿なんだけど、
熱いシャワーだけは、実際に浴びて見なければわからない。

宿の主人は、部屋を案内してくれたときに

『とってもカリエンテだよ(熱いシャワーがでるよ)、大丈夫だよ』

といって当たり前のように(時には自慢げに)うなずいたりするんですけど、そういわれて熱いシャワーが出たためしは経験では1割をきっちゃいます。

たいてい、驚異的にぬるいのです。。(それか、もっと悪ければぬるい!と冷たい!の連鎖)

しかも砂漠地帯などになると昼と夜の寒暖差が激しく、夜はシャワー口から流れ出る水がとても頭の上から浴びれる程の温度にも到達しなくって。

そういうときはただひたすら、シャワールームの中でまっ裸のままボーゼンと空を見上げることになるのです・・・

南米人は、一体このぬるま湯を嬉々として熱いお湯としてシャワーしているのだろうか・・ああ神様、このかわいそうな子羊にお湯を与えたまえ。気分はさながら世界イチ不幸な悲劇のヒロイン。

実際のところ、南米人がこれを本当にカリエンテと思っているのか。真相は謎のままなのです・・・

社会人のための<格安>語学留学【寮・食事付き】
104,500円/1ヶ月 の完全マンツーマン留学
フィリピン政府公式認定語学学校【NILS】

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>