死海体験、どこからともなくあらわれる泥パック売り



ヨルダンに来たなら、いちどは皆訪れる死海。
この死海はヨルダンとイスラエルの国境をまたいでいるので、どちらの国からもアクセス可能なのです。

世界で一番海抜の低い死海は、ひからびていく一方だそうで。十年前と比べても10数センチ、また海抜が下がっているのだそうです。

海抜が低いため、ほとんど1年中ぷかぷか体験のできる死海はヨルダン人気の観光スポットです。
今回宿で知り合った日本人K君、J君、Aさんと4人で死海を目指すことにしました~

アンマンのダウンタウンにある、ハーシムレストランの脇にある坂道にタクシーのたまり場があり、交渉すれば一台20JD(約2800円)で往復連れてってくれるとの情報があったのですが、この日はなぜか一台もつかまらず結局バスで行くことに・・

ムジャンマムハジェリーンからバスで1JD,1時間で死海の手前まで着きます。
降りた場所からパブリックビーチまで、タクシーを4人シェアで4JDでした。
(帰りは適当に幹線道路を走ってるミニバスを捕まえて、アンマンまでダイレクト2JDで帰れました☆)

パブリックビーチに着いた!!!

でも。。。。なんだか想像とちがってて、ゴミとか流れてて超汚いビーチと言えないビーチ。

浜に打ち上げられたゴミをかきまぜちゃってます。

そのまん前に椅子を置いて、しきりにシーシャ(水タバコ)を薦めてくる商売人。
ビーチの真ん中には、トラックの荷台に積んである水タンクからホースで水をひいた、簡素なシャワーが1つ。(1JDだった)

予想に反した汚さにただ驚きのCathy達でしたが、なんとかマシな浜辺を歩いて探し、死海浮遊体験をすることにしました

おおおお

ういてる~!!!

足を入れるとすぐ、というわけではないのですが海中で思い切って両足を浮かすと、まるでお姫様だっこされてるかのようにふわんと浮くんです。

新聞読んでみたり。

わっかつくってみたり。

足元は有名な死海の泥パック☆足の指ですくって体に塗ってたら、どこからともなくペットボトルに泥を詰めたお兄さんが来てました。

”泥、どうやねん??”

やる気のなさげな商売にいさん、公共ビーチに変な居心地のよさを感じてしまった死海訪問でした~

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>