【回想録】ヨルダンで料理修行

はいたい!ケイシーです

『ナチュラルに旅して』の続編、アラビアの恋が書きあがりました!!早速、各所にむけて企画中。年内に出版できるといいなあ~っと思っています♪
今作は日本にいるとなかなか情報のはいってこないアラブの国、ヨルダンを舞台に半年の間生活した中でのお話し。恋愛のみでなくアラブの人々の生活習慣や社会にナチュラルかつ洞察しつつ迫った内容となっています。周辺国の紛争や時代背景、人間模様を細かく描いてみました。読めばきっとアラブ人が身近に感じられるはず♪(オファーお待ちしております!)

さてさて今日はヨルダン回想録。ヨルダンの首都アンマンで料理修行をしていたころの写真を大公開しちゃいます♪
まずはこちら!
IMG_0818

ヨルダンでシェフしてたんです、って日本でいうと皆さん「???」という表情になるので・・その証明写真です 笑

毎日エグゼクティブフロアに持っていくお寿司プレートを、こんな感じで作っていました♪日本では珍しい裏巻寿司ですが、海外ではレギュラー。

IMG_0725
こちらが、はたらいていたアンマンの五つ星ホテル。その中に入っているBENIHANAという日本食レストランです。もともとはロッキー青木という日本人が始めた寿司と鉄板焼きのレストランなんですねー!(全世界に200店舗くらいあります)

実際にはお寿司も作っていましたが、鉄板焼きの料理人として雇われたケイシー。
海外の鉄板焼きは、アクティブなパフォーマンスが有名。毎日従業員宿舎に帰ってはコテやフォークを片手で回す練習をしていました。
努力の甲斐もむなしく、結局はやめることになってしまったのですがこの時の経験は今でも何か新しいことに立ち向かうときの勇気の源になってます(言葉の通じないような国でも一人でなんとかやったという経験ですね!)

人生何事も経験ですね。最近、昔何もひとに誇れることがなかったケイシーが、高校三年生の春に決意したこと『これからは自分の可能性を見つけるために何でも経験してみよう』と思ったことを思い出しました。
そのときの決意があるから、今があるのだと思うとひとって自分の人生を自分で決めて生きているんだなあって、本当に納得。

これからもまだまだ旅生活の回想録、公開してゆきますのでお楽しみに♪

**************************************
旅人Cathyの沖縄生活日記、お楽しみいただけましたか?
旅の質問、応援コメントもおまちしています!!応援がCathyのパワーになります☆
皆様の一日がより素敵なものとなりますように♪

Cathyの著書『ナチュラルに旅して』は、こちらからお買い求めいただけます~^^



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4765357483197313"
data-ad-slot="4736959982"
data-ad-format="auto">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>