シルクロードからパキスタン・フンザへ(2013年旅の技術)

バックパック(SKATE) SF-2375-GY-550・グレー【フジックス】 バックパック(SKATE) SF-237…
5,457円
スケートボードモチーフのバックパック。
Ads by 電脳卸

旅人のために、Cathyのとったルートの情報をアップします☆

西安→蘭州 電車:硬座 頻発。

蘭州→敦煌 電車:硬臥・244.50元(K591次)19:01発、所要時間約14時間 西安始発の電車に乗りました。敦煌の駅から市内までは市内行きバス(3元)で約10分。

敦煌→トルファン バス:寝台・161元19:00発 所要時間約12時間 トルファンの北約3キロの路上でおろされました。市内までタクシーで5元。

トルファン→ウルムチ (トルファン市内からはトルファン電車駅までバスが頻発・朝8時より、11元・所要時間約1時間) 電車:硬座・23.50元(K453次)16:59発、所要時間約3時間 電車駅は郊外。トルファン市内のバスターミナルからトルファンの電車駅まではバスで11元で約1時間。 (朝8時から30分おきにでています)

ウルムチ→カシュガル 電車:硬座・184.50元(K9786次)9:39発 所要時間26時間

カシュガル→タシュクルガン 乗り合いバン:短距離バスターミナルより朝10:00発、所要時間約6時間半、55元

タシュクルガン→ススト 交通賓館の隣にあるバス停からバスが出ます。 朝10時から交通賓館とバスターミナルの間で待ち、10時半発、バスに乗り込んで約1キロ先のカスタムまで行きそこでチケットを買います。225元。 バスチケットはバスターミナルで購入もできるようです(同額) バスターミナルの営業時間は朝8時半~(チケットなくなり次第終了)と夕方5時~7時半まで(北京時間) 自分でカスタムまで行く場合は、歩き(交通賓館から徒歩20分程度)かタクシー(5元)。カスタムは11時に開くので、それにあわせていけばOK。

途中、中国側でカラクリ湖という場所を通過します。

おばちゃんたちがゲルの前でおいでおいでをしていました~どうやら民泊も、できるよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スストまで行く途中に、国立公園エリアを通過します。入園料8ドル(現地人は20ルピー・・・) くねくねとした山道を通りスストまで、順調にいけば6時間程度で着きます。(時計の針はパキスタン側に入ったら3時間戻してください)

Cathyはスストで一泊しました。

Asia Star hotel シングル1泊350ルピー スストは国境の本当に小さな村ですが、裏手にある村までつり橋を渡って行けます。 杏子や林檎がたくさん鈴なりになっていたり牧草地があったり・・空まで届くかのような山々は息を呑む美しさです。

IMG_3037[1]

翌朝の早朝、朝の7時半にパスー行き乗り合いバスに乗る。KKHの道沿いから出発。150ルピー

約1時間走ったら、パスー村の入口に着きます。バスが止まった目の前にあった宿に宿泊。 Passu inn シングル1泊350ルピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パキスタン人と結婚した日本人女性とお友達になりました~どうやらこのフンザ一帯は、みんな家族や親戚のようでどこの家の誰が今旅行をしているという情報まで彼らは知っています・・悪いことはできないですね 笑

翌朝、次の停車地はグルミットへ向かいます。 Cathyはお友達に送ってもらったのでわかりませんが、もし乗り合いバスなら早朝6~7時前後にホテル前に来るのをつかまえてください。料金はスストからなら200Rsでした~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

枯れ木の並ぶ、KKH。4年前の土砂崩れによって、せき止められた3つの川は、瞬く間に湖を形成し多くの人々が住居を失ってしまったそう。なんとも悲しくなる風景です。。

突然コンディションの悪くなるKKHを進み、20分ほどでグルミットへ到着。 ちなみに村の中心から船着場までは徒歩約20分。KKH沿いひたすら歩くと着きます。バスなら50Rsくらい??Cathyはヒッチしました~

グルミットの船着場。ボートは150Rs(現地人は100Rsだった)で、満員になったら出発です。約1時間で湖の反対側、アタバードへ。(できればエンジンから遠い場所に座るのがお勧め!エンジンめっちゃうるさいです・・)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アタバード側からは対岸で待っているアリアバード行き乗り合いバスで、カリマバードまでいきたいと言って乗せてもらってください。100Rs 約30分でカリマバードのふもとの分岐点で下ろしてくれます。

そこからカリマバードの中心まで、山道を約20分 登ります。トラックが通りかかったらヒッチできます♪ Cathyも泊まったお勧めの宿、コショーさんゲストハウスは山道を登りきった左手に見えます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>