シーシャ吸ったら覗きに行く??

こんにちは、Cathyです~

今日はラマダーン中の金曜日。金曜日はムスリムのお休みで、ダーリンのお家にはひっきりなしに親戚が訪問してきます。

その中で本日の訪問者!ヤザンさん(24歳)。彼はダーリンの妹、ラナちゃんの婚約者です。2人は先日結婚式を挙げたばかり。

そんなヤザンさんとラナちゃん、従兄弟のジャミーラさんとラナちゃんのお姉さん、シスターラワンさんと5人で一緒に、夜も深まる頃ダウンタウンへシーシャを吸いに行くことにしました。

ダウンタウンにあるJAFRAというカフェ、とってもおしゃれで美味しいピッツァも出すんです。
ただ夜ご飯はお家で食べてきたばかりだったCathyたち。ヤザンさん達カップルはレモンミント、Cathy達はスイカフレーバを頼んでもくもくとしてました~

4人とも、アラビア語で喋ってるのでしばしぼーっとしてたCathy。そのうちヤザンさんが気をきかしてくれて、アラビア語で何か言いました。

「???」

わからなくて首をかしげるCathyに、
「Do you speak English??」

「おお!Englishならちょっと話せるよ!!」

嬉しくて英語で喋り始めたCathyに、こんどはヤザンさんが、ぽかん・・・

ヨルダンの人たちって、気を利かせてくれるのはいいんだけどなんだかこういうオチがあるのが憎めないなあ~って思っちゃいます。

シーシャを吸って、さて帰ろうかといったときに、4人がいたずらっぽい目配せをしていることに気がつきました。

「よし、じゃあいまから兄貴の職場にひやかしにいくわよ!」

楽しげに言うシスターラワン、ラナ。
ダーリンはこのJAFRAカフェの近くのおみやげ物屋さんで働いているんです。

「Cathy,ちょっとあなた彼に電話してみてよ!」

せっつかれて、やれやれと思いながらダーリンに電話するCathy。
アラビックの人々は本当に電話好きなんです。

プルル・・・カチャ。もしもし??

ダーリンに今、近くに家族と居るんだけど行ってもいい??と聞くと、普段温厚な彼が途端にNOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO、Pleaseeeeeeeeeeeeと叫びました。
その答えかた、ちょっとさすがにCathyでもいたずら心に火がついちゃいそうです。

でも、毎日深夜まで働いてるダーリンをこれ以上疲れさせてもと不憫になったので、なんとか家族をTAXIに押し込み、お家に帰ることにしましたCathy。
あとで英雄賞でも請求しようかな。

アラビックな夜は、そうして更けて行きます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>