スピリチュアルinロンドン



こんにちは、誕生日を忘れてたダーリンに対していまだに許せない心の狭いCathyです(笑)

さて、シリルさんのお宅から出て次にCathyが向かったのは、ロンドンの中心、地下鉄ゾーン2にある噂の韓国宿、ジョンジェネ民宿です。

ここはオーナーのリーさんが一人できりもりしているお宿だそうで、1泊朝、夕の手作り韓国料理つきで20ポンド(約3600円)です。

イギリスの物価・・・おそるべし。

ここはいちおう非許可宿なのでHPはありますが、口コミ客やネットで探してきたお客さんばかり。入口も、ただのアパートの一室なのでなんにも目印はありません。

リーさんはとてもおだやかな男性で、おっちょこちょいでちょっとスピリチュアル。到着そうそう、お風呂のバスタブについてる蛇口がすぽっと外れたんだ!!といって溢れる水にてんやわんやしてるかと思いきや、夕方になるとお香を炊いて静かに座禅してました。

Cathyが行ったときには宿泊客はCathyのみでしたが、ご自慢の元・シェフである腕をふるって韓国料理を作ってくれました~!
(なんだか最近、シェフ友率が高いなあ)

キャッシュカードのプロブレムでいま現金がないんです・・泣

というと、じゃあ、と言って翌日、食材を買いに一緒に輸入食材店に行くことに。
お友達に車を借りてくるからちょっと待ってて!と言われ、乗ってきたのは中型積載車。これ、ロンドンの狭い町中を行くには不自由そうだなあ・・と思っていると、案の定、食材店の駐車場の入場制限枠2.0m以内にガガッとひっかかっていました

2m以内ってまるわかりなのに、車の鼻先を突っ込むリーさんにCathy隣で大爆笑。

仕方なく、道端の有料パーキングに停めたら今度はパーキングチケットを買う小銭がありません。近くの商店まで走って小銭を作るためにエンゼルパイを買ってきたリーさんに、Cathyまたしても笑。

なんだか憎めないおっちゃんです。

買い物も無事に済んで、午後からマリアと会う予定にしていたCathyはリーさんにお礼を言って分かれました。
別れ際にリーさんの手渡してくれた、残りのエンゼルパイを持って(笑)リーさん、カムサ。

いろいろなひとに助けられてるなあ。。っと、かみしめながらマリアに会うため、地下鉄の駅に向かって走るCathyなのでした~

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyのヨルダン生活奮闘記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>