アフリカ人でも無理ですか??



マラウィ国境への起点となる町、タンザニアのムベヤに向かうバス車内でのこと。

前夜、バスの車内で一夜を明かしたため、窓際でうとうととした惰眠をむさぼってたCathy。
ふと、隣でなにかぶつぶつと聞こえることに気がつきました。

お隣に座ってるのは、ぱりっとしたスーツ姿のアフリカ人。なかなかこういった風采の方はローカルバスでは見ないので、結構目立っています。うん、むしろぼろぼろの穴あきだらけのTシャツとジーンズを着ているCathyのほうがその場の空気に馴染んじゃってます 笑

彼はさっきから、なにか口の中でぶつぶつとつぶやきながら空中の一点を見ています。

「あの・・・大丈夫??」

そんなCathyの心配そうな顔に気がついたのか、彼はおお、といった感じでこちらを見ました。

「なんてことだ、こののろまバス!!さっきからずっと徐行運転ばかりで先に進んでないんだよ!」

溜まっていたフラストレーションが一気に爆発したかのように喋る彼。

確かに、うつらうつらとしてて気がつきませんでしたがバスは時速5キロにも満たないような速度でのらりくらりと徐行しています。
それもそのはず。車内の椅子はすべて埋まっていますが、アフリカではこれを満員とはいいません。満員とは通路にもひとがぎゅうぎゅうに乗ってデッキまで溢れ換える様子をいうので、この状態になるまで運転手は乗客を拾おうと徐行しながら運転していたのです。

「だからローカルバスは嫌いなんだよ!こんなに、のろのろ走りやがって。普通の車なら2時間で着くところを3時間、4時間かけていくんだから、まったく・・・」

お兄ちゃん、いったん喋りだすととまりません。まあ、さすがに時速5キロでのろのろ走られてイライラしちゃう気持ちもわからないではないのですが、せっかちといわれる日本人のCathyがあまり気にしていない一方、生粋のアフリカ人のお兄ちゃんが怒り丸出しで怒ってるのって絵柄的におかしいよね 笑

なんだかついふきだしてしまったCathyなのでした~

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ