板の箱に座って食べるぶっかけ飯



薄暗い夕方7時半の交差点で、仕事を終えたサラリーマン、休憩中のお兄さん、おじいちゃんがほとんどガタのきてる木箱のうえに座って黙々と皿からなにか食べています。
クラクションが騒々しく鳴る車の行きかう交差点で、うようよと座って食べる大勢の人々。なんだか異様な光景です。

ここはタンザニアの首都、ダルエスサラーム。

近寄って見てみると、食べているものはみな同じで、ご飯のうえになにか青野菜を炒めたもの、豆の煮たもの、小さい魚・・

なんだか美味しそうだったし安そうだったので、Cathyもトライしてみることにしました。
ガタピシいう木箱のうえに座ると、目の前のエプロンつけたおばちゃんに身振り手振りでオーダー。

おばちゃんは小さなお椀を片手に、プラスティックのお皿のうえにご飯、野菜、豆を載せていきます。

一口。
んー・・・悪くはないお味です。

ご飯は日本米みたいにもちっとしてるし、青野菜はちょうどいい塩加減。豆は食べてみたら、日本の金時豆をココナツで煮込んだちょっと甘ったるい煮込み料理でした。

おいしいよ!

おばちゃんに向かって叫ぶと、隣に座ってたぼろぼろの服を着たおっちゃんがニコニコして

そうか、美味しいか。もっと食べろ

と自分の皿のものまですすめてきます。

いや、さすがにそこまでは・・・でも有難う 笑

こうして現地人に混ざってご飯を食べたりしていると、ときどきつい自分が現地人になってしまったかのように錯覚してしまうのですけど、相手から見たらやっぱり明らかに外国人なわけで。
こうやって優しい言葉をかけてもらうと嬉しい反面、理由のわからない残念な感情がおこるのはCathyだけなのでしょうか。

お腹を満たし、おばちゃんがブリキのコップについでくれた食後の甘いミルクティーを飲みながらCahtyはそんなことをぼんやりと考えていたのでした。

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>