中華人民共和国で全てを失いかける

後にも先にも旅中あんなに全速力で走ったことはありませんでした。。

コトの発端は、中国の昆明バスターミナルで乗り合いタクシーを拾ったとき。

なかなか集まらない乗客に運転手が席を外して呼び込みに行っているあいだ、Cathyはひとりトヨタのハイエース車内でヒマしてました~(どこの国もそうなのですが、乗り合いタクシーというものは乗客が集まるまで出発しないのです)

なぜだか突然トイレに行きたくなったCathyは、席を離れふらふらと女子トイレへ。トイレから駐車場までは目と鼻の先だったし、乗客はまだCathyひとりだったので大丈夫だろうとたかをくくっていたのです。

無事、用を足して手を洗い外に出ると、なんと50メートル先に見える駐車場からいままさに、Cathyのバックパックを載せたタクシーが出発するところでした!Cathy全速力でダッシュ!!!同時に日本語で

まってええええええええ

Cathyの気迫を見て、周りの運転手達が中国語で止まれ!やらなにやら叫んでいるようですがCathyの耳にはもちろん運転手の耳には入りません。

タクシーはそのままスピードをあげ、ぐるんとまわって駐車場から表の大通りに出ようとしています。

万事休すか・・・?!

と思ってがっくりと膝を折りかけたところ、なんと助手席に座っていた乗客がCathyの必死の叫びを聞き取ってくれたようです。

タクシーはキキーと音を立てて駐車場の出入り口付近で止まりました。

がちゃりとドアを開けて降りてきた運転手は、、なんと満面の笑みを浮かべCathyの肩をぽんぽんとたたいてきました。

×△○×?△○×△○×△○×△

なんでどこかにいっちゃったんだ??とでも言いたいのでしょうか・・・

Cathyからしたら、なんで私の荷物乗せたまま、行ってしまうの・・?です。この瞬間運転手の顔面に思い切りパンチくらわしたい気持ちになっちゃったのは、きっと同じ立場になった方ならわかってくれるはずでしょう。。。

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

@イラン-アイス屋の男の子

イランのシラーズには、現地人にも人気の美味しい☆ミルクアイス屋さんがあります♪

結構伝統的にやってる店が多いみたいで・・Cathyもお散歩しながらたまにアイスで休憩してました~

そんなある日、いつもどおり目に入ったアイス屋さんでアイスを頼むと、従業員の男の子が家にこない?と誘ってくれました!!

どうやら、2時すぎだったこともありお昼休み直前にCathyは飛び込んでしまったようです・・

お家訪問はこれで2回目!英語もカタコトのアリくんでしたが、とてもいいひとそうだったのでついていくことに。

細い路地裏まで手を引かれながらついていくと、目印も何もない簡素な鉄のドアの前に出ました。

アリくんはその扉を開けて、Cathyを招き入れてくれます。

外からは想像のつかない広い中庭!!なんか絵になるよ~

木は梨の木と林檎の木だそう。日本では木を植えるけど、別に果物のためではないよ、と伝えるとなんで??と不思議がるアリくんを見て、文化の違いを感じました~イランでは観賞用の木とは存在しないものみたい。

お部屋の印象はクラッシックメルヘンという呼び名がふさわしいかんじ・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

優しそうなお母さんにもご挨拶して・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チャイととってもあまーいお菓子をご馳走してくれたあと、彼は仕事後のジムに行くとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イランってムキムキの男性のイメージがあったけど、28歳の彼もまさにそんなかんじ。Cathy,ごつい男のヒトはちょっと怖いのですがアリくんは終始紳士でとても優しいオーラがあったので、とっても癒されました☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アリくんありがと~!

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

直線まゆげは、こわいよ!!(イラン、聖地マシュハド)



すれちがう女性、女性がみんな怖く見えるのはCathyだけでしょうか・・・

オードリーのような直線的な太い眉毛に、赤いルージュ。頭からつま先までをすっぽりとチャドルで覆った女性達が行きかう様は、なんとも不思議で違和感を覚えます。

かたや男性は着の身着のままだからなのか。。

イランの聖地・マシュハドでCathyはイラン各地から聖地巡礼に来ている人々と遭遇することになりました。

それにしても9月の残暑も厳しいこの季節に、頭からすっぽりと黒い頭巾をかぶっちゃう女性達・・

顔立ちも整っているうえに巡礼用の濃い目化粧が彼らをさらにショーウィンドウの人形のように見せます。

IMG_3326[1]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洋服売り場までこの始末なんだもん・・カオス・・・

イランは物価が安い・人間のホスピタリティがとてもいい、とか旅人の噂は最高だったのですが・・・

蓋をあけてみたら・・・

初日からタクシー運転手の痴漢にあう。

聖地・マシュハドの巡礼者からさかんに舌打ちされる。

買い物をしたらお釣りを誤魔化される。

レストラン、ファーストフード店しかないよ!!

娼婦と間違われてホテルのドアがかわるがわる違う男にノックされる。。

などなど・・・

 

印象最悪やーん!!!

 

女の一人旅には向かない国なのかな・・ちょっと意気消沈してしまうCathyなのでした~

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

謎の案内人プリンス



パキスタンのペシャワールでは、とっても面白い現地人との出会いをしました~

彼の名前はプリンス。ペシャワールの案内人です。

プリンス若いころの証明写真

IMG_3292

かなりボヤボヤ~ですけど!!笑

彼との出会いは、フンザから同じバスだったロシア人旅行者オルガさんの友人だったということから始まりました

オルガさんは30歳くらいのロシア人美女です。

パキスタンも今回で何度目かの訪問だということで、今回も友達であるプリンスに会いにやってきたと。

ペシャワールでの滞在中、プリンスはオルガさんをいろいろな場所に案内していましたが、初日の夜にホテルの屋上で夜風に吹かれながら一緒にお茶を飲む機会があったのです。

紹介されたプリンスんのCathy第一印象は・・なんだか会話に結びつきのなくてせわしないひと、だったのですがなんと初対面から2度も椅子から落っこちたのでした~ 爆笑

そして彼はおもむろに、情報ノートを見せてきます。たくさんの日本人、中国人、韓国人の手記が・・

なんとプリンス、ペシャワールの旅案内を生業にしているそうです。

AK47工場見学、マリファナ、デコトラック製造工場見学、偽札販売現場、カイバル峠ツアーなどなど・・・

Cathyは行かなかったですが、もし興味がある方がいらっしゃれば行ってみてはいかがでしょう^^

世話好きでせわしない彼と会うだけでも価値はあるかもしれません~

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

イランーアルメニア国境情報(2013年旅の技術)



イランーアルメニア間は、1社しかバスの運行がないためなんと60ドルちかくもバスがするらしいので・・Cathyは乗り継ぎ作戦でいくことにしました~

テヘラン 9:30PM発 → タブリーズ 翌朝 6:00AM着 約9時間 バスは西バスターミナルから。160000リエル

タブリーズのバス停 → アゼルバイジャンスクエア 約10分 タクシー 50000リエル

アゼルバイジャンスクエア → ジョルファー 約2時間 シェアタクシー 80000リエル

ジョルファー → イラン国境 約1時間 タクシー 200000リエル

イラン国境-アルメニア国境 徒歩で橋を渡ります 橋を渡るまではスカーフ取れないよ!!

(※リアル余ってたらイラン側で換えるのをお忘れなく!ドル・ユーロはアルメニア側で高レート両替可能です)

アルメニア国境からはヒッチしてエレバンまで車で8時間くらい。

でも見た感じトラックしか見当たらない国境。。エレバン側から来たら、ローカルバスで国境近くのメグリまで来れるみたいだけど・・・(5000ドラム、7時間)

だからヒッチ→メグリ→ローカルバスでエレバン。スムーズにいけばその日中に到着。

最終手段は、深夜12時頃に国境に到着するバスを待って、国境からエレバンまで乗る。到着は次の日の朝です。

【エレバン市内・イランリアルの両替】

SASスーパーマーケットという、共和国広場から歩いて5分くらいのスーパーでできます。

でもレートは最悪です>< Cathyはここにきて、イラン側ボーダーで両替していなかったこと後悔したよ!!(だって、アルメニア側でもできると思ったんだもん・・)

結局50ドル分くらいのイランリエル持ってたのに・・アルメニアドラムに換金したら40ドルくらいになっちゃった。

みんなに言われた、イランの銀行MellatBankでも、イランリエルは取り扱いなし!!なんて不親切な・・ハイパーインフレ通貨はどこでもお断りってこと・・?

怖くてタクシーに乗れません!!(イラン・ヤズドの夜)

≪全品送料無料≫仕分けができるトラベルバインダー【2個セット】≪ポイント2倍≫【WEBショップ【Coppia-コッピア-】】 ≪全品送料無料≫仕分けができるトラベルバ…
5,307円
☆全品送料無料・ポイント2倍キャンペーン中☆仕分けができるトラベルバインダー/生
Ads by 電脳卸

結構出会い運の良いCathyが、唯一イランでコワイ思いをしたのがタクシーでの出来事でした

砂漠の町ヤズドから、夜行バスでシラーズまで。その日移動しようとしていたCathyは、ヤズドの町はずれにあるバスターミナルまでタクシーを使っていくことに。夜の6時ころだったでしょうか・・・

よくあるラジオタクシーってやつ(ちゃんと頭のとこに無線表記あって、TAXIって書かれてるやつ)に乗車したのですが・・イランを甘く見ていたCathyは後悔することになるのです

行き先を告げ、交渉も成立したっていうのに、勢いよくスタートした車内であんちゃんはひっきりなしにCathyをミラーごしに見てくるのです・・・

その視線、強烈!!

まず、ひとり?と聞かれ、それからイランに友達はいるのか?、それを聞いたら彼氏はいるのか?と聞いてきましたあ~!!きたきたあ~!イラン人のセクハラ!!おっちゃんほど自分がわかってないってやつだよ!!ほんとうに鏡を見てから言ってくださーい!!(Cathy心の声)

それからバスターミナルに着くまでは強烈の数分でした・・・

S○X?ちょっとS○X??  ・・・・って・・

なんどもなんども聞いてくるんだもん!!

普段はおとなしいCathyも、あまりのしつこさについ

バスターミナルまで行って!Taxiなんだから仕事してくださーい!!

と日本語で怒っちゃった・・・

数分が数時間に思える奔走の結果・・何度かこのまま拉致られちゃうんじゃないかとさえ思ったよ・・

結論=イランで女性一人でTaxiには乗らない

ってことですね~

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

イラン入国!!(アライバルビザ~!!)

コンパクトダイナモライト(ホルダー付) 614【フジックス】 コンパクトダイナモライト(ホルダー付) …
1,296円
楽々手回し充電のダイナモライト
Ads by 電脳卸

こんにちは、Cathyです。

パキスタンでの2週間もの悪戦苦闘の末、ついにイランに入国しました~!!

旅人を悩ませる難関・イランビザの正体・・それは・・・

イランビザを取るためのリファレンスナンバーがとれない!!(イラン大使館HPで申請するのですが、現在工事中のため。。)

ヨーロピアンは、下記ウェブサイトの代理店を使って取得してます。。

www//iranianvisa.com

取得費用・35ユーロ(支払い方法によって異なる)

ですが日本人だと、クレジット決済も銀行振り込みもできない為事実上ネットの代理店を使っての申請は不可・・

(ラホールのイラン大使館では2日間訪問してなんとか取得した方もいるそうですが・・)

在イスラマバード、イラン大使館に直接行きましたが・・

あなたはリファレンスナンバーを持っていないので、申請はできますが2週間から1ヶ月かかります。現にニュージーランド、ドイツ、イタリア人がもう1週間以上ビザ待ちの状況です。補足ですがそれだけ待ってもビザがおりることは確約できません。

・・だって!!きいい~大使館のまん前で4時間も待たされてこの結果ですか~

残された選択肢はふたつ。

①トルコのトラブゾンで即日取得

②アライバルビザをとる(取得確率99パーセント)

Cathyは一発勝負にかけてアライバルをとることにしました~

ネットで検索していると、なんとパキスタンのラホールからイランのマシュハドまで、19800円で飛べそうです。

ShaheenairというLCC

ネットで予約して48時間以内に各地にあるオフィスで代金を払うシステム。

予約時、Nationality項目にJapanが見当たらず。。とりあえずPakistanのままにして翌朝イスラマバードにあるオフィスへ。

Shaheenair Office

住所:#52G,Beverly Centre,Blue Area

無事に航空券ゲット~!!旅人夢の国、高ホスピタリティーで知られるイランにドキドキが高まります!!

補足:イランのアライバルビザ・日本人は69ドル、韓国人は47ドルでした!!(15日間)

英語の通訳おねえさんつきの空港インタビュー有り。(職業とか、イスラム教についてどれだけ知識があるとか謎の質問をされましたが・・)マシュハドでもとれましたよ~~!!これからイラン旅行を検討している方は、ぜひ検討あれ☆

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

Cathyの泊まったパキスタン宿情報(2013年旅の技術)

スリック コンパクト旅行用三脚BH【フジックス】 スリック コンパクト旅行用三脚BH
7,776円
軽量、コンパクトさが魅力の、ベーシックな旅行用三脚!
Ads by 電脳卸

パキスタンの宿の問題はWifiと電気でしょうか。

田舎にはWifiはありません~電気は場合によっては自家発電しているようですが、山岳地帯では安定しません。いずれにしても首都イスラマバードでもたまに起こる停電。気長に、気楽に旅することが必要です~

【ススト】

Asia Star Hotel

ツインのシングルユース 300ルピー 風呂・トイレ込み

国境をぬけてすぐ右手にある。電気は発電機を使用して午後6時から自家発電をしている。

マネージャーはとてもいいひと。朝食はパラータとジャム、チャイで100ルピー

【パスー】

Passu inn

ツインのシングルユース 350ルピー 風呂・トイレ込み

スストから乗り合いバンに乗っていくとこのホテルの前で降ろされる。

庭になっている林檎は食べ放題。

【グルミット】

Marcopolo hotel

ツインのシングルユース 1000ルピー 風呂・トイレ込み

中央広場から道をKKHのほうに下ってゆくと、左手に見える。

パッカーはどうやら、このホテルを通り過ぎてさらに下ったContinental hotelに泊まってるよう。

【カリマバード】

・コショーサンゲストハウス

シングル 200ルピー(9月からオフシーズン料金)、ドミ100ルピー(コショーさんはお掃除が苦手なようで・・ドミにはダニ発生中!!

2階にあるシングルは、窓から雄大な山々が望め、とってもナイスなお部屋です!

コショーさんの作る手料理も最高に美味しい!!(特にプディング)

ただシャワー故障中で、ホットシャワーなし。お湯を沸かしてお風呂に入ります。

カリマバードの入口、パキスタンナショナルバンクの下にあります。

※ちなみにカリマバードからイスラマバードへは、いったんアリアバードに行ってからバスに乗ることになります。

直通バス:アリアバード→ラワールピンディ(イスラマバードからすぐの町)2200ルピー朝7時発翌朝7時着(24時間)

チケットは前日までに予約とのことでしたが、当日、全然空いてました~

【イスラマバード】

STAR HOTEL

住所:Sitara Market,G-7Markaz,Islamabad

電話:051-2202943

シングル 700ルピー、ダブル 1200ルピー

Wifi有り、屋上に洗濯物を干せます。安いお部屋には小さなアリンコがいっぱい。ベッドに登ってきて噛むのでお気をつけて・・

場所はシタラマーケットの中。タクシーでシタラマーケットというと、連れて行ってくれます。

BLUE STAR HOTEL

シングル700ルピー

Wifi無し、隣にネット屋、ランドリーショップ有り。STAR HOTEL2,3軒隣です。

部屋はSTARHOTELより断然綺麗。

※ちなみに補足で、イスラマバードでビールと美味しい中華料理がお手ごろに食べられる場所を紹介します☆

Xin Dong Fang

住所:House14,Str.68,F-8/3,Islamabad

電話:051-2850762

シタラマーケットからタクシーで100ルピーくらい。見た感じは高級住宅地の一軒屋。でも中に入るとちゃんとしたレストランです~

美味しかったので2回も行っちゃいました 笑

※※補足の補足・・

イスラマバードからラホールまでは、Daewooバスという超快適バスが運行しています!!(乗らなきゃソン☆)

シタラマーケットから歩いて5分程の場所にKhada Marketという場所があり、そこから30ルピーのシャトルバスでDaewoo専用乗り場へ。

ラホール行きは頻発。1180ルピーで4時間。お水、ジュース、ランチボックス(お菓子とサンドイッチ)のサービス有り。 音楽も聴けます!

【ペシャワール】

ROSE HOTEL

住所:Shoba Chowk,Khyber Bazar,Peshawar City

電話:091-2550755

地球の歩き方にも載っている旧市街の入口に位置するホテル。

シングル 700ルピー ダブル1000ルピー

Wifi有り、屋上にはレストラン有り。ラッシー美味しかった。

部屋によってはゴキがでるので下見が必要。

【ラホール】

Legal internet inn

住所:Surriaya Mansion,Near Regal Cinema,65The mall,Lahore 54000,Pakistan

電話:92-42-37311987

有名なパッカー宿。動物園の近くにある。

ドミ 250ルピー

Wifi有り、自家発電しているので停電していてもWifi使える。

屋上でフリー洗濯機、物干し場。キッチン、水、女子用の服やスカーフ無料。

とにかく居心地のいい宿でした~

眠れない夜行バス!!!



これで何回目?

いま、8回目・・・

深夜2時に疲れきった表情で、Cathy達はバスからおりました。

早朝7時にパキスタンの山岳地帯、アリアバードを出発したバスは、首都イスラマバードにむけてもう19時間以上走行してます。

イスラマバードは地図上でみると近いようでしたが、間にひろがる山々を越えていくためになんと24時間のバス移動が必要なのです・・

そして、この山岳地帯、人気がないことから、タリバンの活動地帯として警戒地域に入っています。外国人は10数箇所にわたるチェックポイントで、パスポート検査を受けなくてはなりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

休憩中のリーさんとアンディ(中国人)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒマそうにCathyたちのパスポートチェックを待ってくれてる現地人

パスポートチェックといっても、ノートにペンで名前とビザ番号などを書き込むだけなんですけどね・・・

警戒地域の走行のため、Cathy達の乗ったバス含め約10台のバスがグループとなって深夜の山路を駆け抜けます。

眼下にひろがる雄大な渓谷と高い山々・・すれすれの崖道を猛スピードで駆け抜けるクレイジーなドライブもでしたが、パスポートチェックのためになんといっても眠れない!!

Cathyを含め5人の外国人が乗っていたわけですが、全てのバスの乗客がCathy達のパスポート検査によって待たされるわけです。

ごめんなさいね・・

こんなに厳重なチェックポイントがあっても、数ヶ月前にはベースキャンプに泊まっていた外国人数人が殺害されています。

こんなに自然が豊かでひとの素朴で優しい国が、悪い噂ひとつで凶悪な国のイメージを持ってしまっている・・そのことにいくらか寂しい気持ちを持ってしまうのでした。

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

外貨の両替なら「日本最安!!」マネーパートナーズ

動物よりも珍獣です・・



フォト!フォト!!

もう、フォトフォトうるさいよ!!!

インドとの国境近く、パキスタンのラホールにあるラホール動物園で、Cathyはパキスタン人観光客に囲まれていました~

動物園にはオーソドックスなライオンやらきりんやら、象さんやら、珍しいところではダチョウさんまでいます。なのになぜか、彼らパキスタン人親子やらカップルやらはその動物さんに目もくれずにCathyを激写してきたりするのです・・・

もうひとりひとり写真撮影大会です。はっきりいって謎です。

はじめのうちはにっこり作り笑いを浮かべていたCathyでしたが、だんだん顎の筋肉が張ってきてしまいました。

まさかのパキスタンでこんなに珍獣扱いをされるとは思っていなかったので・・・

 

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!