プーケットからバンコクへ~2013年旅の技術~

プーケットの町は、ちょっと複雑です。まず、プーケットタウン内に泊まる宿泊客はあまりおらず各お気に入りのビーチを探して泊まる・・というのがひとつ。加えて各ビーチはタウンからけっこう離れてますので・・

Cathyの場合はシャロンビーチというビーチ近くに宿泊。ここはカロンビーチなどに比べるとあまり観光客がおらず、オフシーズンにはがらっがらのエリアです。にぎやかさを求めるなら、カロンとかがおすすめ。
カロンビーチまでは歩いていける、とのことでしたので、同じ宿の日本人の男の子と一緒に山道を越えててくてく1時間。欧米人だらけ・サーファーだらけのビーチ見学に行ってきました☆

疲れたので帰りはタウンまで乗り合いソンテウで。
遅ればせながら本題。その日はプーケットからバンコク行きバスのチケットを買うことにしました。
タウンのoldバスターミナルの入口付近に、TRANSPORT社のオフィスがあります。
oldバスターミナルでもダフ屋がうろうろしているので買えるそうなのですが、もし彼らから買うと正規料金でなかったり、VIPバス料金で2等に乗せられたりと・・あまりよくない噂があるそうな。

Cathyは偶然、地元のおっちゃんの助言がありTRANSPORT社に辿り着きました。
プーケット20時発バンコク翌朝9時着2等529バーツ。夜行は1便のみ。他にも数便でてましたが、バンコク着が夜中1時とか、ちょっと不便だったので夜20時の便にしました。(チケットの下には無料のドリンク券がついていて、豆乳とかジュース、お水などが配られます)

チケットを買った窓口で、「バスの出発はここではなくて、新しくなったから。TERMINAL2に行ってね」
といわれましたが、??どこやねん、TERMINAL2って・・・

結局、時間的にソンテウも終わっていたのもありシャロンからバイクタクシー値切って150バーツで行っちゃったけど、Cathyがもともとプーケット到着したときのバスターミナルが、その新しくなったらしいターミナルでした。
時間あるなら、ソンテウ運行終了前の5時半までにプーケットタウンに着いて、タウンのOldバスターミナルからローカルバス使って10バーツで行ってもよかったな。

とまあこんなかんじでCathyのバンコク入りは実現したわけです。

マレーシアのペナン島からタイのプーケットへ!!~2013年旅の技術~

マレーシアのリゾート、ペナン島からタイのリゾート、プーケットへ
実はどちらも海に囲まれた島なんですね。

直通の国際バスもありますが、やはりここは国境まで行ってみることにしました。
ペナンで宿泊したジョージタウンにある、安宿75TRAVELLERS LODGE(ここは働いてるおっちゃんがとても親切。親日的!ドミ12RMでした。住所:75 LEBUH MUNTRI,10200 GEORGETOWN,PENANG)で、タイ側国境の町、HATYAI(ハジャイ)までの乗り合いバンを手配してもらいました。(ペナンにある旅行代理店でも申し込めますが、値段はだいたい同じ)

16時ホテル前ピックアップの、30RM(約900円)。ところが15時過ぎにホテルロビーで早々と待っていたら、お迎えがきました 笑
とりあえず乗り込みます~

Cathyの乗ったバンにはその他欧米人含め12人店員ぎっしり。小さなバンはその小ささと裏腹に猛スピードでコンクリ舗装された道を突き進みます。
・・そのうち、渋滞にひっかかりました。どうやら車両火災による交通規制のよう。1時間ほど止まったり、のろのろと動いたりを繰り返して・・また、猛スピードで走り、18時半頃に国境へ。

さようならマレーシア。
タイ側の国境で、係員が間違えて30日滞在可のハンコを押しちゃった!きゃ~嬉しい♪・・なんてことにはなりませんでしたw頭を抱えながら彼、ボールペンでぐちゃっと訂正して15日に訂正。そんなしぐさがちょっと可愛い。そしてCathy無事、タイに入国しました~☆ぱちぱち。

初めて見るタイ語の看板、バイクに乗ったひと・・マレーシアとはぐっと異なる空間に新鮮な感動を覚えながらその後走ること約1時間。HATYAIのバスターミナル到着~約5時間かかりました。

タイバーツがほしかったのだけど、どこにも両替する場所がなくて・・
妙に話しかけてくるダフ屋?正規のバス運転手?なのかなんなのかわからない正体不明の彼ら曰く、バスの切符窓口で両替もできるそうで。聞いてみるとありえないレート。これは違法両替。
バスターミナルのいち民営企業だとしても、闇両替なんてしちゃっても大丈夫なのね・・

とりあえずバスターミナルを一歩出てみると、小さな商店に簡単な紙切れ一枚、EXCHANGEとある。
レートはあまりいいとはいえないけど小額の30ドルだけバーツに替えて、とりあえずチケット売り場に戻り、プーケット行き2等バスのチケットを買いました~(293バーツ、約900円弱)
20時30分発。Cathyの時計を見ると、あれ、もう21時。そうか、タイとマレーシアは1時間時差あるんだった~

2等バスは時刻どおり出発し、車内は案の定冷凍状態な冷房の効きよう~このままでは凍死しそうなので、Cathyは簡単なひざ掛け一枚を持ち込むのをお勧めいたします。

プーケットには翌朝3時半に到着。やることないし湿度も高く暖かいので6時頃までバスターミナルで寝ることに。。

カサカサ・・

あれっ??

Cathyぎゃーーーーっ!!!!

なんと、この温暖多湿が効を奏してか(?)ご○ぶ○様がCathyのバックパックにしがみついてた・・・!!!!
ひともまばらなバスターミナルで早朝からバックパックをぶんぶん振り回すことになろうとは。

ついでのおまけ☆
プーケットの長距離バス発着ターミナルはタウンから3キロほど離れた北バスターミナルという場所になります。
朝6時からローカルバス(ソンテウ)がでており、10バーツでタウンまで運んでくれます。そこから各ビーチに行くためには、歩いて10分くらいの市場の前にあるビーチ方面のソンテウ発着所まで行かねばなりません。(35バーツ)このビーチソンテウは運行時間が短く、夜の18時にはなくなってしまうのでご注意を!(ツクツクもタクシーも、プーケットは高いです><。)

ちなみにCathyは面倒くさがりなので、とりあえずタウンまで行ったあと、シャロンビーチにある日本人宿、ほうぼう屋さんまでバイクタクシーをつかまえました(150バーツ。値切れば100も可能かも)。

ソンテウとかは、停留所とかはあってないに等しく基本走ってるのを手をあげて捕まえるしくみです。

シンガポールからマレーシア・マラッカへ!!~2013年旅の技術~



シンガポールからマレーシアへ自力移動の方法を掲載します。
シンガポールのクイーンズバスターミナルから、2.4シンガポールドル(約200円)でマレーシア側国境の町ジョホールバルへ行けます。
本数はかなり頻繁。所要時間約2時間。(国境までは約30分)途中、バスを降りシンガポール出国手続きをして、出国ゲートを出たバスターミナルで、同じ名前のバスに乗り込みます(バスを降りるときには手荷物は全て携帯してくださいね!)

Cathyは星柔快車という名前のバスでした。

バスはジョホールバルに着きますが、この町あまり治安がいいとされてません。Cathyはシンガポールを朝8時に出ていたので、ジョホールバルに着いたのは10時ちょっと前でした。

降りてすぐに各社のチケットカウンターがあり、そこでマラッカ行きのチケットを買います。ここから既にマレーシア!マレーシアリンギットで19RM(約570円)でした。
バスは約3時間でマラッカに到着します。ちょうど10時発のマラッカ行きに乗れましたが、チケットは他にもクアラルンプール行きなど各社が出しています。

ついで情報☆マラッカに到着すると、町の中心まで2RMのローカルバスに乗ってでなくてはなりません。
このバスは市内循環バスなので、帰りも同じバス停から乗ります。(ぐるっと遠回りするので、時間があるときのみお勧め)
チャイナタウン、有名なジョンカーストリートの入口手前まで連れていってくれますよ。チャイナタウンは特に週末のマーケットは必見。お寿司やカレーうどん、なんとお餅だってあります!

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

ジャカルタ!線路の真ん中はスラム街



世界一周3週目、最初のカルチャーショックはここ、インドネシアの首都ジャカルタでおきました。

ジョグジャカルタからジャカルタへ電車で入ったCathyでしたが、電車がホームに到着する10分前あたりから車窓の景色に変化が。

IMG_2350

・・ん??

それまで線路しか見えていなかった車窓からの景色でしたが、にわかに線路の上がごちゃごちゃとした雰囲気に。

IMG_2351

そこは。。。。。。スラム街@線路

 

線路と線路のせまーい隙間に、バラックを積み立てて家らしきものを作っています。

呆気にとられつい見入ってしまったCathyはスラム街の住人とバッタリ目があってしまいました・・

彼の眼光はよどみつつも鋭く、来ているものは既に垢で元の色を失くし、痩せ細った手足がせつなく印象的でした。

インドネシアにもバリのような楽園があるかと思いきや、こうして首都ジャカルタのスラムの現実に直面すると現実というものの2面性を感じてしまうものですね。

ちょっと考えさせられた出来事でした。

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

外貨の両替なら「日本最安!!」マネーパートナーズ

下を向いて歩こう?


インドネシアの道を歩くときに気をつけなくてはならないことがあります。

それは、足元!結構な頻度で側溝の蓋が外れ(または壊れ 笑)ていて、気をつけて下を見て歩いていなければ溝にはまっちゃいます。

IMG_2264

いや、これはマジで危険レベル!日本みたいに浅い側溝とかでなく結構深いレベルの下水道とか普通にあって、

そのうえにあったはずの蓋はがらっがらに割れてたりとか、はたまた完全になかったりとか・・

インドネシア人でも、落ちたことある人はいそうなのですがねえ・・

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

外貨の両替なら「日本最安!!」マネーパートナーズ

バリで修行☆ウブド近郊にあるASHURUM MUNIVARA

こんにちは、Cathyです☆

お久しぶりと思いけりゃ、世界一周3度目の出発をして今現在はインドネシアにいます^^

沖縄での阿嘉島の生活は本当に楽しくて、最後もみんなとのお別れがさびしくてさびしくて連日飲んでた(ノンアルコールですが w)Cathyですが、ついに3度目の世界放浪に出発しました~^^

これからできるだけブログも更新していくので、皆さんよろしくお願いしますね♪

さて、今回ご紹介するのはCathyが大好きなYOGAの修行ができるアシュラム(道場)についてです!

バリといえば、EatPlay,Loveでも有名なスピリチュアルで神々の集う島。

 

CathyYOGAもうかれこれ4年くらい続けてます・・YOGAした後に瞑想すると、本当に心が落ち着いて気持ちいいんです^^

さてさて本題。この、ASHURUM MUNIVARAですが、ヒンドゥー教のシヴァ神のアシュラムです。

IMG_2294

場所はウブド郊外、住所・予約状況など詳細はウブドのBodyworks Centerで聞けます。

バイクタクシー(オジェ)で、10分くらい走ったジュンジュンガン村という田舎にあります^^

IMG_2296

バイクタクシーは、流しで拾ったらだいたい片道35000ルピー(約350円)と言われました・・(Cathyは運よくお友達ができたので送ってもらったのですが、たぶん20000ルピーとかが妥当な線だと思う)

このアシュラムには併設の宿泊施設があり、1泊120000ルピー(約1200円)です。食事などはついていませんが、ローシーズンであればすぐ隣にあるYOGAルームで毎日開催されるYOGAレッスンが無料でついてきます。(レッスンのみだと1回25000ルピーでした。YOGAクラスは毎日5時から6時半までで、土曜と日曜は一般も無料だそう。)

敷地内はとても広くて、池や川が流れており、小さな噴水と蓮の葉達がゆらゆらと揺れる池の前に泊まれるなんて、贅沢な気分です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここの創設者、アルサナ氏は仙人のようなおじい様でよく日本にも講演に行ってらっしゃるよう。Cathyが到着した次の日に、日本に旅立たれました。

アシュラムを出たすぐ道の反対側には、小さな売店があり、よく見たら近くに安い食堂などもあるので食べるのには苦労しませんでした~それに田舎だからか(?)本当に安い!ミーゴレン(焼きソバ)が40円で、お腹一杯です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子供達も素朴でかわいい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

周りには、延々と続く田んぼと椰子の木。その椰子の木にたくさんのココナツが鈴なりになっているのが見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほんとに、田舎ぁ~~

補足ですが、15日に一度、セレモニーというのがあり、現地のバリニーズ達が白装束の正装でアシュラムを訪れて一緒に歌をうたったり、踊ったりするイベントがあります。

Cathyはたまたま偶然この日に居合わせたので、60人くらい集まった白装束の団体の中に混じって、見よう見まねで神様への祝福の踊りを一緒に躍らせていただきました~~

とても貴重な体験☆YOGAやアシュラムに興味のある方は、是非行って見てくださいね^^

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

外貨の両替なら「日本最安!!」マネーパートナーズ

Benyとの出会い


ウブドに来て既に3日。そろそろ、ウブド郊外にあるジュンジュンガン村って村に行ってみようと思っていたCathyは、お世話になったゲストハウスを出て、道を歩いていました。

村にはYOGAのできるアシュラムがあるという情報を得て、そのASHURAM MUNIVARAへ行くためにウブド中心にある経営元のボディウォークスというエステ屋さんに行ってみたところ、自力で行け、とつれなく地図を手渡され・・てか、地図もかなり略されててこんなの渡してわかるの?って印象です。

事前に、インフォメーションセンターでボディウォークスからなら無料のバスが出ていると聞いていたので落胆多し。。でしたあ。

そこでとにかく重い荷物を背負って、さてどうしようか、バイクタクシーのおっちゃんに聞いてみると30000ルピー(300円)だって。なんとか20000ルピーで行きたかったので、Cathy地図を片手に歩き続けました・・

すると後ろから声が。

すみません・・すみません

何??日本語?しかも、海外の方々が喋る特有の、ちょっとつたないアクセントの日本語。

振り返るといかにもバリ人という印象の浅黒い肌をして細い体躯の男の子が、大きな青いバイクに乗っているのが見えました。

わたし、日本語を勉強している専門学校の学生です。メイアイヘルプユー?

20000ルピーでジュンジュンガンのアシュラムに行きたいの・・できる?

いいよ、後ろに乗って

先程まで値段交渉していたバイクタクシーのおっちゃん達にさわやかに手を振りながら、Cathyちょっとした優越感で彼のバイクの後ろに腰掛けました~(彼、本当に小さくて細いからちょっと心配だったけど)

颯爽と走り出すバイク。

彼の名前はBeny

高校を卒業したばかりの彼は、今年の10月からなんと沖縄に留学するそうで、文部科学省から届いた招待状を、見せてくれました。

バイクはものの10分でのどかな田園地帯を抜けアシュラムに到着~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10000ルピー札1枚に50000ルピー札しかなかったCathyは、両替できる?

と彼に聞くと10000でいいよ、と受け取ってくれた。・・・なんていい人!

アシュラムの中に入って管理人の男の子と暫く雑談したあと、Benyへのお礼にお昼ご飯をご馳走しました。

日本のアニメやら商品やらに触れて興味をもってから、桜の木の咲く日本へ行きたいと思って留学を決意したそう。

バリにいながら日本の話をバリニーズとできるなんて、Cathyにとっても本当に新鮮なひとときなのでした~

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

外貨の両替なら「日本最安!!」マネーパートナーズ

Oka Puri Inのおばちゃん



法外な値段のKayumas Inn(地球の歩き方に投稿してやろうかな 笑)で一夜を明かし、Cathyはデンパサールの町歩きしていました。そういえば昨日探していた、Oka Puri Innってどんなところなんだろう、と地球の歩き方を見ながら探していると、、

ありました、すっっごくわかりにくいの!!

大通りの、横道に入った路地の、さらに奥の路地にありました 笑

こんなとこわかるかーい、って、ちゃぶ台返したいくらい。

中にはいるとたくさんのバイク、バイク、バイク・・どうやらライダー宿みたい。ぼーっと立ってるとワンピースを着て背は低いけれどたっぷりとお腹と二の腕に脂肪をたたえたおばあちゃんがやってきました。

丸顔でにこっと愛嬌よくわらう口端から、ところどころ見える歯の抜けた歯茎が印象的です。

ユー、フロム、ジャオパン?

ジャオパン?なんて、強調されてちょっとうけました 笑

いえす、部屋はあいてますか??

トウデイ、ノー、フル。

あーーー、今日は埋まっちゃってるってことだね。残念、と肩を落としたCathyにむかって、おばちゃんはこっちこっち、と手招きします。

なんだろう、と行ってみると、おばちゃんおもむろに宿帳を取り出しました。そこに連なっているのは、日本人の宿泊客記録・・

おばちゃん、嬉しそうにペンを取り出しここにサインしろというので、Cathyはちゃんと期待に応えたよ!・・何だかよくわかんなかったけど・・

その後、Oka Puri Innを後にしたCathyは周辺の市場に散策にでかけました~

ピンキッシュなお米を笹の葉にくるんでる屋台、朝からもうもうと炭火焼で焼かれている串焼き、異国情緒を十分堪能して、さてさて宿に戻ろうとしたら

ちょうどOka Puri Innの前の道に差し掛かったとき、さっきのおばちゃんが路地から勢いよく飛び出してきました~

飛び出してきたっていっても、モーターバイクにまたがり、ノースリーブのワンピース姿のまま、頭にはヘルメットをかぶって。

モーターバイクで二の腕をぷるぷるとさせながらワンピースで突っ走る、なんだか勇ましいおばちゃんの後姿に、ほれぼれと見とれてしまったCathyなのでした

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

外貨の両替なら「日本最安!!」マネーパートナーズ

おしまい☆

ガイドコミッションの話~!



こんにちは、Cathyです☆

世界一周、最初の都市バリ島デンパサールには、格安航空会社エアアジアで飛びました☆LCCは最近とても便利ですが、安いチケットを選べば時間帯などには文句は言えませんね・・Cathyのデンパサール空港到着時刻は深夜1時・・ちょっと、空港の外に出ようかためらわれましたが到着してみるとデンパサール空港には待合室などほとんどなく、税関を抜けるとそこは外でした。

仕方がないのでタクシーで市内まででることに。

10万ルピー(約1000円)という空港ならではの殿様運賃で、とりあえず市内に出ます。

地球の歩き方に掲載のあった、Oka Puri Inに行きたいと告げるとなにやら自信ありげにうなずく運転手・・でもCathy,こういうとき大抵の運転手さんはわかってないものだと思ってます。真に受けてはいけない!!なぜなら真に受けるとこれから道にまよってうろうろすることになるその道程を、手に汗握りふるふるしながら過ごすことになっちゃうからです。

かくしてCathyの乗ったタクシーは、深夜の真っ暗な道を突き進み思惑通りバリ市内の複雑な一方通行の道を行ったり来たりしだしました。

最初は陽気に喋ってた運転手さんも、次第に無口になり車内はぴりぴりした雰囲気に・・笑

そして結局お目当ての宿は見つからず、とりあえず運転手さんにいざなわれるまま、1軒の安宿に辿り着きました。その名も、Kayumasu inn。どこも似たような名前ばかりですね 笑

ところが値段を聞いて、びっくり!深夜3時に到着したCathyですが、エアコンもない扇風機部屋をなんと朝まででたった4時間の滞在で200000ルピー(2000円)だというのです。

ははーん。。いままでいろいろな国を旅してきたCathyにはなんとなく想像が着きました。

宿のお兄ちゃんは親日チックなのに、あえてあまり喋らず運転手ばかりが料金を伝えてくるってことは、きっとこれはコミッション込みの値段に違いない・・

5050かな?だとしたらほんとの正規価格は100000ルピー(1000円)ってとこか・・(Cathyが見るに、部屋は800円が妥当かな、という印象でした)

Cathyが、今は120000ルピーしか持っていないことを告げると、さんざん宿探しを手伝った運転手はちょっと不機嫌な表情・・おーこわ!!もちろんこんな時間に両替商は開いていません。

ほんとにほかの国の通貨も何も持っていないのか??

なぜ初めての国でその国の通貨を用意していないんだ???

責められたけど行き当たりばったりの旅人Cathyにそんなこといわれても~~

結局、夜も遅いし運転手が折れてくれて、120000ルピーで翌朝12時までいていいよ、ということで話がつきました。(でもレシートには200000ルピーって書いてあった。この後に及んで、恩を着せる運転手にCathy苦笑)

Yogaの聖地Baliにも、こんなコミッションシステムがあるなんてちょっと残念な気がしたけど、しぶとく旅をつづけます~~

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

外貨の両替なら「日本最安!!」マネーパートナーズ