ボンバーヘアだった頃・・・

本日の放送の『ナチュラルに旅して』の中では、メキシコに行ってケイシーがかけた、メキシカンチリチリパーマのお話しをしました♡

どんな髪型だったかというと・・・・

528654_331028236989404_320482959_n

603500_340737276018500_1355653596_n

247905_348210955271132_2042748491_n

うえからアメリカのニュージャージー、真ん中はイギリス、一番下はモロッコの砂漠にて。
こんな感じのヘアスタイルで飛び回ってましたww

ずっと守りの髪型をするよりも、たまにはこうして遊んでみるのも自分の中のインナーチャイルドがはしゃぎます♪
ちなみに今の髪型は、こんな感じ
S__4136987

後ろは、刈り上げツーブロックです♡
S__4137005

久しぶりに髪の毛で遊んで、楽しい(^^♪

ケイシーの行った、スピリチュアル美容室:サンクチュアリ ボイドは沖縄県名護市にあります。
詳細はこちらから♬ http://sanctuary-void.jp/category/cafe/
気になったら検索してみてね^^

**************************************
旅人Cathyの沖縄生活日記、お楽しみいただけましたか?
旅の質問、応援コメントもおまちしています!!応援がCathyのパワーになります☆
皆様の一日がより素敵なものとなりますように♪

Cathyの著書『ナチュラルに旅して』は、こちらからお買い求めいただけます~^^

今日の『ナチュラルに旅して』ウクライナの歌手、アンニ・ローラック

はいたい!ケイシーです。

今日のラジオ放送『ナチュラルに旅して』FMとよみ83.2MHZの放送でお送りした、ウクライナでヒットしているポップ歌手、Ani Lorakの曲名はОранжевые Сны。アンニ・ローラックは昔から大人気の、ウクライナ女性歌手。曲名は「オレンジ色の」で、こんな寒い冬から私をさらってちょうだい、そして冬なんかないオレンジ色の夢のような場所に連れて行って!みたいな、ちょっと可愛い歌詞なのだそうです。ウクライナは北欧ということもあり、夏がほとんどない地域。寒い冬なんか忘れちゃうくらい暖かい夢の世界にいざなってというロマンを感じる曲でしたー

Ani Lorak Foto

・・それにしても、世界の中でも美女率を争う国の一つである、ウクライナの歌手はもはや芸術並みの美貌を誇ります。

確かにウクライナを歩いていると、どこに行っても一般人がまずキレイすぎてびびっていたことを思い出します♪

000cf1bdd0220eb1e3df2c

このクオリティー・・もはやモデルの王国に潜入したよう。写真はありませんが、男性もとってもスレンダーでかっこよかったです♡♡

**************************************
旅人Cathyの沖縄生活日記、お楽しみいただけましたか?
旅の質問、応援コメントもおまちしています!!応援がCathyのパワーになります☆
皆様の一日がより素敵なものとなりますように♪

Cathyの著書『ナチュラルに旅して』は、こちらからお買い求めいただけます~^^

【回想録】中国人ってホントはどうなの?!

はいたい、ケイシーです^^

本日のFMとよみ番組『ナチュラルに旅して』番組内でお伝えした、【中国人ってホントはどうなの?!】
懐かしい・・ケイシーはベトナムから陸路で中国に入国し、約1カ月を過ごすわけですがそんな中で自分の持っていた中国人に対する概念をガラガラと崩されることになります。

2013年夏。時は同じくして、中国人民の夏休み。親元を離れて都市で勉強している学生たちが、一斉に移動するので電車もバスも超満員!いつもの旅スタイルで『そろそろ次の街にうつろうかな~』っと思い駅へ行くと、『メイヨウ(没有:訳 ありません)』の嵐です。しかも窓口のおばはんは、そろいもそろって愛想なし!!

UY3MeLeRmN5uniW_25064

仕方なく闇バスを使ったり、2日後の無座(立ち席)や硬座(板張りの堅い席)を予約しながら旅していたケイシー。
旅をする前は、日本に観光に来て往来にどどんと車を路駐させたり、家電量販店で品物を買い占める中国人を見て『自己中だなあ~』とか思っていたのですが現地にいる素朴な中国人は、とても親切でおせっかいでかわいい人々でした。

20140828152506b6a
↑↑そうそう、日本ではこんな風景をよく見ていたわけですからね~!

中国語表記ばかりでどこへ行けばいいかわからず、バスターミナルで右往左往していたら無言で案内してくれた親切なおじいちゃん。
学生時代同室だった、ウェイウェイの家族はホームステイまでさせてくれた上に予約で満席のはずの寝台車を予約してくれ食事までもたせてくれた。
夜中に到着した知らない町で、中国人しか泊めてはいけないのに行くところがなく困っているケイシーを見て一晩の寝場所を用意してくれた安宿のご夫婦。
モンゴルへ行くときには、北京のバスターミナルから同じモンゴルに行く男の子に世話させるように話しかけてくれたっけ。

いろんな中国人の優しさに触れて、思ったこと。
いい人だって、そうでないひとだって、どちらもたくさんいるんだということ。

aa560e22b4af32deda9e9674ab187d06_400x400

相手のどの部分に焦点を向けるかは、自分次第なんですよね♪

ケイシーは、世界中のひとのおおらかさ、優しさを見たい!と思っていたからそういう出来事にいつも遭遇していたのかなあっと今思います。ケイシーにも、毎日いいことばかりが降ったわけではなく旅する中でもちろん苦しいこともしんどいこともあったわけですが、それらのことよりも思い出として残っているのはひとのおおらかさや優しさなんですよね。
逆に、もし人のことを不信に思う気持ちがあるとしたら相手のそういう部分ばかりを見つけてフォーカスしてしまうと思うんです~

自分が何を選ぶかは、自分次第。
そんな学びのある、世界一周だったなあと思います。

**************************************
旅人Cathyの沖縄生活日記、お楽しみいただけましたか?
旅の質問、応援コメントもおまちしています!!応援がCathyのパワーになります☆
皆様の一日がより素敵なものとなりますように♪

Cathyの著書『ナチュラルに旅して』は、こちらからお買い求めいただけます~^^



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4765357483197313"
data-ad-slot="6126294783"
data-ad-format="auto">

【回想録】ヨルダンで料理修行

はいたい!ケイシーです

『ナチュラルに旅して』の続編、アラビアの恋が書きあがりました!!早速、各所にむけて企画中。年内に出版できるといいなあ~っと思っています♪
今作は日本にいるとなかなか情報のはいってこないアラブの国、ヨルダンを舞台に半年の間生活した中でのお話し。恋愛のみでなくアラブの人々の生活習慣や社会にナチュラルかつ洞察しつつ迫った内容となっています。周辺国の紛争や時代背景、人間模様を細かく描いてみました。読めばきっとアラブ人が身近に感じられるはず♪(オファーお待ちしております!)

さてさて今日はヨルダン回想録。ヨルダンの首都アンマンで料理修行をしていたころの写真を大公開しちゃいます♪
まずはこちら!
IMG_0818

ヨルダンでシェフしてたんです、って日本でいうと皆さん「???」という表情になるので・・その証明写真です 笑

毎日エグゼクティブフロアに持っていくお寿司プレートを、こんな感じで作っていました♪日本では珍しい裏巻寿司ですが、海外ではレギュラー。

IMG_0725
こちらが、はたらいていたアンマンの五つ星ホテル。その中に入っているBENIHANAという日本食レストランです。もともとはロッキー青木という日本人が始めた寿司と鉄板焼きのレストランなんですねー!(全世界に200店舗くらいあります)

実際にはお寿司も作っていましたが、鉄板焼きの料理人として雇われたケイシー。
海外の鉄板焼きは、アクティブなパフォーマンスが有名。毎日従業員宿舎に帰ってはコテやフォークを片手で回す練習をしていました。
努力の甲斐もむなしく、結局はやめることになってしまったのですがこの時の経験は今でも何か新しいことに立ち向かうときの勇気の源になってます(言葉の通じないような国でも一人でなんとかやったという経験ですね!)

人生何事も経験ですね。最近、昔何もひとに誇れることがなかったケイシーが、高校三年生の春に決意したこと『これからは自分の可能性を見つけるために何でも経験してみよう』と思ったことを思い出しました。
そのときの決意があるから、今があるのだと思うとひとって自分の人生を自分で決めて生きているんだなあって、本当に納得。

これからもまだまだ旅生活の回想録、公開してゆきますのでお楽しみに♪

**************************************
旅人Cathyの沖縄生活日記、お楽しみいただけましたか?
旅の質問、応援コメントもおまちしています!!応援がCathyのパワーになります☆
皆様の一日がより素敵なものとなりますように♪

Cathyの著書『ナチュラルに旅して』は、こちらからお買い求めいただけます~^^



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4765357483197313"
data-ad-slot="4736959982"
data-ad-format="auto">

ラジオに初ゲスト♪

はいたい、ケイシーです^^

本日放送のFMとよみ『ナチュラルに旅して』、番組初のゲストをお招きしての生放送でしたー!

DSC_1748

なんと、ケイシーと同じ元・世界一周女バックパッカー!であり、助産師でもあるAkiさんです♪
様々なイベントを企画したり、アメリカに思い付きで旅してアメリカ人の生き方について突撃街頭インタビューしたりと、とってもパワフルなAkiさん。
Akiさんとケイシーは、今週の土曜日に沖縄の南城市にあるガンガラーの谷という鍾乳洞カフェで旅と夢のトークライブで共演する予定☆彡今日はその宣伝で、番組にゲストとして来ていただきましたー
ガンガラーの谷『夢ってどうやって叶えるの?』トークライブの詳細は、こちらから!
→https://www.facebook.com/kyon0607/posts/1126072480818305?pnref=story

Akiさんのお気に入り、キューバの田舎の話からアフリカのジンバブエでヒッチハイクをしたら家に連れていかれ、そこで大家族にもてなされたという旅のお話しまで、とっても楽しくエピソードを語ってくれましたよ~

そして!なんと今日から番組スタジオ内の映像配信も始まりました♪

http://www.fm-toyomi.com/

FMとよみ、HP内の一番右下、USTREAMから生放送の様子がご覧いただけます♪
ケイシーの様子がご覧になりたい方は、ぜひどうぞ^^

**************************************
旅人Cathyの沖縄生活日記、お楽しみいただけましたか?
旅の質問、応援コメントもおまちしています!!応援がCathyのパワーになります☆
皆様の一日がより素敵なものとなりますように♪

Cathyの著書『ナチュラルに旅して』は、こちらからお買い求めいただけます~^^



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4765357483197313"
data-ad-slot="7690426384"
data-ad-format="auto">

尊さとは、貧しさからくるものではない。

はいたい!ケイシーです^^

本日放送のFMとよみ『ナチュラルに旅して』内容は、ベトナムの旅でした~!
暑いベトナムの夏を旅したケイシーでしたが、そこで出会ったベトナム人の優しさについて触れてゆこうと思います。

休憩時間やランチ時間になると、突然停車するベトナムのローカルバス。
長距離バスは、未舗装の道路上でも停まります。そして、乗客がワラワラと外に出て行きどこともなく周辺に消えてゆく・・

その日は昼下がりの午後3時。長屋チックな区画でバスを降ろされたケイシーは、すきっ腹のまま歩き回っていました~
でも食べ物を売っている店も見当たらなくて、お腹はひもじくなってゆくばかり・・

ふと気が付くと、道端に閉店したばかりのフォーのお店の前でお母さんとおばあちゃんらしき親子が座ってこちらに向かって手をこまねいています。

1

『お腹がへっているんだろう?お食べよ!』

差し出されたのは、彼らが今まさに目の前で食べているランチ。
ランチと言っても、淵の欠けたお茶碗によそった一握りのもち米と、平らで小さなお皿に乗った一握りの青菜でした。

2

『さあ、お食べ』

それだけしかない彼らの食事を、見ず知らずの他人にわけてくれたのです。

物質的な貧しさが、尊さを生むわけではない。ひとの心が、こうして尊さという感動を与えるのだとしみじみ感じたものです。
それが証拠に、ケイシーは世界各国をいろいろと歩き回りましたが、このときにいただいた彼らの一握りのもち米の味を、今でも鮮やかに思い出すことができます。

持っているものを分け与える、ただシンプルなことができない人々が一体どれだけ多いことでしょうか。
こうしてひとりをいつまでも感動させることができるのが、尊さとは物質的豊かさではないことを実践した彼らの意識や行動なのです。

旅先では、こうした新鮮な感動や驚きの連続が日常的にあるのです。

**************************************
旅人Cathyの沖縄生活日記、お楽しみいただけましたか?
旅の質問、応援コメントもおまちしています!!応援がCathyのパワーになります☆
皆様の一日がより素敵なものとなりますように♪

Cathyの著書『ナチュラルに旅して』は、こちらからお買い求めいただけます~^^



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4765357483197313"
data-ad-slot="7690426384"
data-ad-format="auto">

アラブ人ってどんなひと♪

ケイシーです^^

日本人にはあまり馴染みのない、アラブ人。
ケイシーは半年のヨルダンでの生活で、現地のアラブ人家族と住んだりして彼らの生活の裏側ものぞいてきました。

984199_713786888713535_8515952786084156911_n
ヨルダンの首都・アンマン

そして思うこと・・・
なんて誤解の多い民族なのだろう!!

日本にいると、断片的な情報しかはいってこないムスリムの生活ですが、彼らは家族を大事にして、旅人や人に対する奉仕精神が強い人々です。
一般的に、社会生活水準が低くなるほとそういった助け合う心優しい人々がいるという印象でした~

道端で迷っている旅人がいれば、自分のしていることを放って道案内をして、到着したら知らぬ間にいなくなっているということはざら・・
道を歩くと『どの国から来たんだい?お茶していかないか??』『寒いだろう、ストーブにあたっていきなよ』
とても人懐っこくて平和を愛する人々なのです。

10565083_713786722046885_902588541327990445_n
アンマン・ダウンタウンのお友達と。

半年住んでいただけなのに、ヨルダンが今でも大好きなケイシー。いつかお家がもてたらいいなー!

ちなみに今週ラジオでお話ししたアラブのスイーツといったら・・・ケイシーの大好きなコナファのご紹介です。

コナファ

バター香ばしいパイ生地にカスタードクリームもしくはのびーるチーズが挟まり、パリパリのパスタ状になったセモリナと、砕いたピスタチオが振りかけられ、じゅわりと熱いシロップで頭からつま先まで浸っていますwだから、食べるときには熱々!!
そしてこの劇的な甘さは、脳天をつんざくほどです!!
・・でもクセになるんだなあ~

アラブの国へ行った方には、ぜひお試しいただきたい一品です♪
ここのサイトに作り方のってた~⇒http://www.bsfuji.tv/embassy2011/backnum53.html

おまけ・・
東京の代々木上原にある、東京ジャーミーイスラミックモスクにて。
10523185_716072695151621_4214252746087671843_n

それではまた、来週~!

**************************************
旅人Cathyの沖縄生活日記、お楽しみいただけましたか?
旅の質問、応援コメントもおまちしています!!応援がCathyのパワーになります☆
皆様の一日がより素敵なものとなりますように♪

Cathyの著書『ナチュラルに旅して』は、こちらからお買い求めいただけます~^^



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4765357483197313"
data-ad-slot="7690426384"
data-ad-format="auto">

阿嘉島へGO!!

はいたい!ケイシーです。

先週のラジオでもお伝えした、沖縄県慶良間諸島の小さな島、阿嘉島。
ケイシーにとっては世界一周中に訪れ、3カ月バイトをしながら過ごした思い出の島です。
人口約250人の小さなこの島には、野生の慶良間鹿の数の方が多いのだとか。もちろん、信号機もコンビニだってありません。
集落の端から端まで歩いて約10分で移動できちゃうくらいなのです。

225737_447891211969772_1456367605_n

くねくねと続く小道と古民家の間に、野良猫が顔を出したり

545789_418687801556780_1851546547_n

晴れたら慶良間ブルーと言われる、真っ青な海をどこまでも見渡せます。

484292_424035041022056_848173708_n
ビーチに落ちている貝殻はなんとびっくりパステルカラー!!
本当に、素敵・・♡

971733_454839487941611_2014312856_n
阿嘉島で初めて、シュノーケルやダイビングを教わりました。
ただ表面上はなにもない海でも、海中の世界がこんなに様々な表情を持っているなんて・・ただただ感激と感動です。

976419_458582070900686_1383897075_o
素潜り5mくらい??できるようになりました♪

いつかこの島で、ヨガショートステイをやりたいなあーっと思っているケイシーでした。食べて、飲んで、ヨガして、海に入って夜は満点のお星さまを見る・・♪素敵じゃありませんか^^

**************************************
旅人Cathyの沖縄生活日記、お楽しみいただけましたか?
旅の質問、応援コメントもおまちしています!!応援がCathyのパワーになります☆
皆様の一日がより素敵なものとなりますように♪

Cathyの著書『ナチュラルに旅して』は、こちらからお買い求めいただけます~^^



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4765357483197313"
data-ad-slot="9167159584"
data-ad-format="auto">

スペインのトマト祭り(トマティーニャ)思い出♪

はいたい!ケイシーです^^

本日のFMとよみ『ナチュラルに旅して』でお話しした、スペインのトマト祭りのお話し♪聞き逃してしまった方のためにお話しします^^
毎年8月の終わりにはスペインの小さな南部の町、ブニョールで行われるこのお祭り、お祭り大好きスペインの三大祭りのうちのひとつとも言われています♪

th8R3REFT9

人口1万人弱の小さな町に、この時ばかりは4万人以上の祭り参加者が集まってくるのだから、そりゃもう町はひとだらけ・・・
それだけのたくさんの人々が世界中からこの祭りに参加するためにやってくるので、ブニョールから電車で1時間半の都市、バレンシアの宿は予約でいっぱい!!つわものは前夜から前夜祭に参加し、小さな町中が飲んで徹夜しての大騒ぎになります。
もちろん、寝る場所もないので旅人は軒先で眠ったり、ベンチでつぶれている旅人ヒッピーがいたりw

祭りの日当日は、朝の9時ちょうどから石鹸を塗りたくった丸太の上に括りつけられた生ハム争奪戦に始まり、それが終わると同時にトマト投げがスタート!全長たった500メートルほどの狭いストリートに、大量の完熟トマトを乗せたトラックが突っ込んできます。約80年も続くこのトマト祭りは、主宰も市なので完熟したトマトを通りにトラックで運び込む運転手も、荷台からこちらに向かって投げてくるのも市の職員さんなのですw
8b1ee47ef9d9e2d35e8c83302f4e106249475cc4.12.2.9.2

いやいやでも、この4トントラックが狭い道に無理やり入ってくるので四方八方はひと、ひと、ひと・・ひどい時にはトラックに踏まれて足の骨を骨折する女の子がいたりともう無茶苦茶。

それでも参加者も心得たもので、トマトが当たってもいいように水中眼鏡や水中カメラ、IPhoneの防水までしてくるようなアグレッシブなお祭りです・・
August-La-Tomatina-Spain-2

実際にトマトを口に入れたわけではないのに、なぜか『ウプ・・・もう1年はトマト食べなくてもいいや・・・』となってしまう、そんなお祭りでした♪
トマトの投げ合いはたったの1時間で終わってしまうのですが、1枚だけ残っておりました終了後のケイシーグループの写真を、お楽しみください↓↓

643914_281407825298087_5886668_n

このときのTシャツと下に来ていた水着、パンツは洗ってもトマト臭さがとれることはなく、ついにゴミ箱行きとなりました^^;
トマト祭り、人生で一度参加してみるのも面白いかもですね!

**************************************
旅人Cathyの沖縄生活日記、お楽しみいただけましたか?
旅の質問、応援コメントもおまちしています!!応援がCathyのパワーになります☆
皆様の一日がより素敵なものとなりますように♪

Cathyの著書『ナチュラルに旅して』は、こちらからお買い求めいただけます~^^



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4765357483197313"
data-ad-slot="9167159584"
data-ad-format="auto">

『365日、旅と瞑想』制作中!!

はいたい!ケイシーです^^

今週月曜日のラジオONAIRでもお知らせしました、旅の写真とオリジナルポエム、『365日旅と瞑想』のアルバムを製作中です~

もともと書くのが大好きなケイシーですが、写真に関しては素人だったにも関わらず旅中の写真ジャーナリストとの出会いもありそのセンスを磨いていただき気が付けばいつしか【意図した写真】を撮るようになっていました・・

【意図した写真】っていうのは、ただなんとなく風景を切り取るのではなく
伝えたい事を思い描きながらシャッターを切るという方法の写真です。

そんな写真がたくさんあるので、独り占めするにはもったいないと思い写真集をせっせと作っています・・・

今日はその中から数作品をお披露目します!

1
中国~新疆ウイグル自治区~
早朝の散歩。道端でのんびりパンを焼いている職人に出会った。
混乱や紛争の絶えない地区にも、日常の平和は存在しているのを感じる。

2
ギリシャ~アテネ~
店に入るなり、ドキリとする。
沢山の目がこちらを見てくるような感覚。
メデューサの目は、彼らのお守り。

3
月夜の下に、ひんやりとしたただの空間が広がる。
広い館内に宿泊客は、私だけ。
ふと、自分の内側の空間と静寂が、共鳴してくるような気がしてくる。

・・・こんなかんじです!!
写真、365枚を目指して製作中♪
皆さんに早くお披露目できるよう、せっせとヨガレッスンの空き時間に作っています。

完成したら、ブログでも報告しますね^^!!

**************************************
旅人Cathyの沖縄生活日記、お楽しみいただけましたか?
旅の質問、応援コメントもおまちしています!!応援がCathyのパワーになります☆
皆様の一日がより素敵なものとなりますように♪

Cathyの著書『ナチュラルに旅して』は、こちらからお買い求めいただけます~^^



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4765357483197313"
data-ad-slot="1643892781"
data-ad-format="auto">