おば様のお宅へ



こんにちは、キャッシュカードのバーコードが突然読み込まれなくなって、手持ちの現金が底をつきそうなままイギリスの友達の結婚式に乗り込もうとしているCathyです。

先日は、ダーリンのおば様のお宅へお邪魔してきました~

ダウンタウンから車で15分くらい走ったところにあるおば様のお宅。そこには2人のおば様と、2人の息子兄弟、そしてお友達だという20歳くらいの女の子が一緒に住んでいます。

20歳の女の子は、ドバイに家族が住んでいてひとりでヨルダンの薬科大学に通うため、アンマンに来ているのだとか。
幼い頃はアメリカに留学していたらしく、流暢な英語を喋る女の子でした~

ダーリン達はイラク語で喋っているので、ヨルダンのアラビア語さえやっと耳に慣れてきたかなぐらいのCathyにはちんぷんかんぷんです。

そうやって、にこやかに話してくれるおば様達と談笑(Cathyはただにこにこ)していると、マンサフが運ばれてきました。

マンサフは、羊肉をヨーグルトで煮込んだスープとライスを一緒に食べるもので、ヨルダンではご馳走とされています。
Cathyはお肉、食べない習慣があるのでライスだけいただきました。
このライスも、短く刻んだパスタが入っていて塩気も効いて美味しいんです。

必死に米を食べるCathyを見て隣でダーリンが笑ってました 笑

それにしても男性の姿が見えないなあっと思っていると、

「この家の男性はみんな、ドバイに出稼ぎに行っているのよ」

とのことでした。
ヨルダンの生活は、なかなか厳しいのが現状のようです。
そんな中でもお友達の家族を受け入れたり、住まわせてあげる文化って、日本の田舎に似てるなあと思って、とてもほほえましく思ってしまうのでした~

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyのヨルダン生活奮闘記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

ヨルダンの10分は1時間?!



こんにちは、Cathyです。

やっとこさ、労働許可証がおりて晴れてヨルダン人の一員となりました!!

ところで最近ヒマしてたCathyは、ダウンタウンを歩いては出会う日本人をナンパして一緒に遊んでます。(こう書くと聞こえが悪いかもしれませんが、寂しさのあまり・・・笑)

そこで出会ったAちゃん。日本からやってきた短期旅行者のAちゃんは、とても人懐っこくていいコ。ペトラ遺跡に行ったり死海に行ったりしてる合間に、Cathyと遊んでもらってました~

ところがこのAちゃん、宿泊先のホテルで従業員のセクハラにあってしまいました・・

Cathy,あまりのショックでホテルを飛び出しAちゃんに会いに行きました。そして、朝までポリスの詰め所で事情聴取・・最初は10分だけだからと連れてきたAちゃんも、真夜中から朝方までの長い長い拘束時間に、心身げっそり。

被害にあったうえに、加害者のほうが牢屋で既に寝てるってなんというか理不尽です・・

Cathyは、アラブの国でセクハラ被害に出会ったことが無いわけではありません。
でも、ここアラブの国ではセクハラ事件って大きなゴシップなのです。なにしろ宗教上、男性と女性は常に体が触れないよう、そして女性はスカーフで頭を覆い隠すよう指示されているようなムスリム国なので・・

結局、次の日にも判事さんに呼ばれ、前日と同じ内容を喋らされてさらに拘束されたCathyたち。
加害者のエジプト人は、懲役15年の求刑をされました・・

15年もなんて、ちょっと気が遠くなっちゃう年月です。Aちゃんもびっくり。
一睡もせず付き添ってくれたCahtyダーリンは、それを聞いて寝不足で赤くなった目でちょっと泣きそうに見えました。

まあ、その気持ちもわからなくはないのですが女性のCathyからしたら、どうしてもAちゃん寄りの意見になってしまうなあ・・・

それにしてもたったの10分が、結局次の日の夕方まで、16時間におよぶ拘束となった事件。ヨルダンの10分をあなどるなかれ。心に刻まれる出来事となったのでした~

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyのヨルダン生活奮闘記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

柔道の見学に行ってきました~



こんにちは、Cathyです。

アンマンに住んでいるお友達の日本人、Hさんの息子さんが通う柔道の練習を見に行ってきました~

シメサニ地区にあるスポーツシティの体育館で、まだ5歳と6歳の息子さん、2人が柔道着を着てヨルダン人の屈強な体をした先生に教えてもらってるのを見ると、ここがやっぱりヨルダンなんだなあと思います。

見学のママさんたちも、スカーフを被ってる方々も多くて。

Cathyが到着してHさんとおしゃべりしていると、そこにJICAから来たという女性が。まだ大学を卒業されたばかりで、柔道の先生をするためにヨルダンに来ているのだそうです。とっても快活な女性でした~
ヨルダンにこんな若い女性がいたとは。ちょっとびっくりです。

練習が終わったあとは、Hさんのご自宅にちょっとお邪魔することに。
Hさんはヨルダン大学近くの高台に住んでいるので、見晴らしもよくて気温もダウンタウンとはちょっと違ってひんやりとしている気がします。

飼い猫のタマと遊んだり、足の匂いをかがれたり(笑)、途中からHさんのお友達で、階下に住んでいるIさんも加わってヨルダン人あるあるの話に花が咲きました~

会話のお供になったメロンですが、ヨルダンはメロンがとっても安いです!1キロ100円くらい。縦長で、中は白くて中心がオレンジなメロンはアラブの国ではよく見かけます。Hさんによると、夏にむけてまだまだ甘くなるよ~♪とのことだったので、食いしん坊のCathyはわくわく。

アラブの国にいらっしゃることがあれば、是非一度ご賞味を^^

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyのヨルダン生活奮闘記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

金曜日の祝日には



こんにちは、Cathyです。

今日は金曜日。ムスリムのお国では金曜日は祝日で学校もお休みです。
そしてローカルピーポーのお家では、遠方にいる家族などが集まってくるのだとか。

Cathyのダーリン宅にも、金曜日には家族が集まってきます。てことでお招きをいただいて遊びに行ってまいりました~!

ダーリンは8人兄弟の3番目。したに5人も妹がいて、そのうちひとりはアンマンから1時間ほど離れたザゴラという場所からやってきています。10ヶ月になるかわいい女の子、ジェナちゃんと一緒。

目がおっきくて、おとなしいとっても可愛い女の子です。

この日はダーリンのお仕事が終わってからお家におじゃましたので、他の家族は既に帰ってしまった後だったのですがそれでも姉妹4人と従兄弟、義兄とパパママ、Cathyたちを合わせたら10もの大人数。
ダーリン以外は英語を話さないので、みんなが話している言葉の中で知っている単語を拾ったりしていました~

深夜まで食べたりお茶菓子をいただいたり、外に出て星を見ながら自家製シーシャを吸ったり・・

夜も更けると、アラビックスタイルに準じてダーリン達男性と、ママ、姉妹、Cathyは男女に分かれて眠りにつきました~

それにしてもCathyがすっかり理解できないにも関わらず、熱心に興味をもって話しかけてきてくれる子供たち、ママパパはほんとうにあったかいです。

前回に引き続き家族っていいなあ~と思うのでした。

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyのヨルダン生活奮闘記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

日本のカレー。



こんにちは、Cathyです。

日本のカレーって、独特で海外でお目にかかることは本当にありませんよね。
そこでカレー大好きCathyは、母に頼んで特別にカレールーを輸入していたのです w

今日はホテルで、お友達のために日本のカレーを披露しようと考えたCathy。早速、材料の買出しにダウンタウンのスーク(市場)へ出かけました。

モスクの裏手にある大きなお野菜市場には、果物からお野菜からなんでも揃っています。(この間、青ねぎさんを見かけてびっくりしちゃった!)むしろ、ダウンタウン郊外のスーパーマーケットで買うよりも新鮮でお安いことさえあるんです♪

Cathyのダーリンは近くのショップで働いているので、彼を道連れにしてスークへ行くことに。

えっと・・たまねぎと、トマトと、マンゴーと・・

想像しながらリストアップするCathyの隣で、ダーリンは売り物のきゅうりを丸ごとばりばり食べてます。

ちょっと!それ売り物じゃん、食べたらあかんよ!!

そう言うCathyに彼は、涼しい顔をして大丈夫、といいます。なぜか店主も普通の顔。
おかしくて笑っちゃいました。

その後もなぜか生活用品には縁のないはずの彼にスークのあちこちから名前を呼ぶ声が・・
どうやらダーリンがシーシャを吸いにいつも通ってるコーヒーショップで、顔をあわせるメンツのようです。
当たり前ですけど、普段はそれぞれの顔があるんですねえ。

肝心のカレーナイトは、ご好評に終わりました♪やっぱり、ふるさとの味は落ち着きを与えてくれますね~

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyのヨルダン生活奮闘記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ

リゾート♪アカバ♪



こんにちは、Cathyです~

今日は、ダーリン、ダーリンのお友達と一緒に、ヨルダン・エジプト国境にあるリゾート、アカバに行ってきました♪

ヨルダンに来てからというもの、ダーリンの家族がお引越しをしたり何かと忙しかったものですが、やっとお休みがとれたのでわくわくの出発♪

アブダリバスステーションより、アカバへ、出発です!

IMG_0233[1]

これはアブダリバスステーションの近くにある、モスクです。男性しか入れないのでCathyはお外で待ちぼうけでしたが・・とっても綺麗なモスク。
DSC_0233

4時間半、デザートハイウェイを突っ切って、夜に着いたCathyたち。
本日の宿泊先はビーチ沿いのレンタルルーム。
3人で30ディナールでした!!
DSC_0235

早速夜の町に、お魚を食べに行きました~
DSC_0241

突然ダーリンの携帯が鳴って、なんと、アンマンのダウンタウンからダーリンを追いかけてやってきた親友たちと合流。
長時間のバス移動に疲労困憊のCathyをおいて、ダーリンは夜のアカバに繰り出してゆきました。

翌日、再会したお友達の顔には、お鼻のしたと右腕になぜかとっても痛そうなすり傷が・・・
なんでも、昨晩ビールを飲みすぎて(アカバは免税対象地区で、お酒などがとっても安いんです♪)よっぱらってチャリをこいでいたら転倒、すりむいたとか。若い男の子って・・面白いなああ。
傷のせいであまり笑顔が作れずひきつってますが、一緒に記念写真です 笑
DSC_0258

DSC_0251

お友達たちはマッサージに行って、Cathyとダーリン、ハムディさんは一緒にビーチリゾートに行くことにしました~
リゾート内には綺麗なプール、奥のプライベートビーチなど、リラックスの空間が広がっています。

IMG_0224[1]

プライベートビーチの埠頭先から澄み切った海の中に飛び込んで、お魚の大群を眺めたよ!
IMG_0202[1]

そしてプールサイドでしばらくビール飲みながら休憩・・
至福の時間。

あまりにあっとゆうまの時間でしたが、ダーリンもCathyも心からリラックスできた時間でしたあ~

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyのヨルダン生活奮闘記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ

ヨルダンに滝??



こんにちは、Cathyです。

今日はヨルダンで滝、見に行ってきました~!!

ヨルダンで滝・・・って、なんだか想像がつかないと思うんですけど

とっても綺麗なところなんです☆
死海の近くなので海抜700mのアンマンから行くと、とっても蒸し暑い場所です。

IMG_0147[1]

大きな滝つぼは、段々になっていて裏手のほうからは天然の源泉から40℃くらいのお湯が湧き出ています。

IMG_0139[1]

おっちゃん達は裸で、お母さん達はスカーフを被ったまま、気持ちよさそうに滝を浴びています。(なんだかセンセーショナル!!笑)

後ろを見れば乾燥した、砂漠の大地。前を向けば大きな滝、は結構壮観な眺め~!
Cathyはワンピースのままゆっくりと熱いお湯を堪能して、帰ることにしました~

帰りにキリスト教の聖地、マダバに寄り道してローカル食堂へ。
クミンとシナモンのしっかりきいたライスと新鮮なほうれん草を食べて。

IMG_0156[1]

IMG_0158[1]

ごちそうさまでしたあ~!!

IMG_0160[1]

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyのヨルダン生活奮闘記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ

おひっこし☆



こんにちは、Cathyです~

お家の近くでアイスクリームを買ったら、コーンアイスなのになぜか上まで薄紙でぐるぐる巻かれて紙にチョコアイスがべっとりと・・な午後をすごしています。さすがヨルダンクオリティ。

今日は、Cathyお引越しの日です。

シメサニ地区からしばらく、ダウンタウンのお友達がいる、シドニーホテルに移ってお仕事開始までの準備をします!

居心地のいいお部屋、どうもありがとう^^
慣れたお部屋を出るのは少し寂しい気もしますが、
来週あたりから、ホテルの従業員寮に移って、本格的にお仕事スタートです。

鉄板焼きのパフォーマンスを練習して、一流の職人になれるようにがんばります。

さて、2ヶ月も滞在したお部屋ですが、まとめてみたら意外とお荷物はあまりなく・・

ほとんど食料や調味料 w

どれだけCathyが食いしん坊かがわかりますね^^;

さあ、今夜はこの食材を使って料理でもしましょうかね~!

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyのヨルダン生活奮闘記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ

身近な難民



こんにちは、Cathyです☆

今日は、ダウンタウンでお友達と一緒にディナーを食べに行きました♪
ベドウィンの柄が入ったキルトが壁にかけてあったり、アラブミュージックの生演奏があったり、通りに面したテラスもある、なかなか赴きのあるお店です。

お隣に座ったのは、1週間のボランティア活動に来ている日本人、Hくん。大学生です。彼はカタールの大学にアラビア語専攻で行っていて、休暇を利用してヨルダンのザゴラにある難民救済ボランティア施設にインターンシップで来ているとのことでした。

まだ、20歳そこそこなのに、人助けなんて考えてることすごいよね・・Cathyは20歳の頃、合コンに何を着ていくとか、コンビニスイーツの新商品とかぐらいにしか関心なかった気がするよ・・笑

Hくんの活動内容は、石鹸を手作りしたり、配給のご飯をみんなで一緒に作ったりと、いずれも難民との関わりを身近に感じるものです。彼はこれから国際人の道を進んでゆくのでしょう、将来が、いまから楽しみです。

ヨルダンにはザゴラのみではなく、あちこちに難民キャンプがあります。なかには難民として非難してきてから長い年月がたち、既に町を形成してしまった地区も少なくありません。

Hくんの話を聞きながら、ピザをほうばり、ミントレモンジュースを飲んでいるとなにやら隣の席が騒然としはじめました。

見るとアラブミュージックにあわせて、大きなグループが男も女もごっちゃ混ぜになり楽しそうにステップを踏んでいます。
そのうち、彼らは紙ナプキンを手にとり踊りだしました。

楽しそう。

日本では見られない、陽気なヨルダン人を横目に、満月の夜は更けてゆくのでした~

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyのヨルダン生活奮闘記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ

優しさの価値基準



こんにちは、Cathyです

ダーリンが、最近寒い夜に半そでで鳥肌立てながらお家にやってくるので、ジャケットはどうしたの?と聞きました。
なんでも、道端の浮浪者にあげてしまったそうです。
他にも、その浮浪者と一緒にシーシャ(水タバコ)を吸ったとか、一緒にランチしたとか、いろいろゆってましたがCathyはちょっとびっくりしてしまいました。

自分を省みずにひとに施しができるひとって、なかなかいませんよね・・、

先日、イタリア人ジャーナリストさんと知り合いになり、ヨルダンのザータリー難民キャンプへ寄付金を直接持ち込む、という話を伺いました。Cathyはもともとザータリーの目の前まで行って引き返した経緯もあるので、ザータリーには人一倍関心がありましたから、彼に自分の寄付金を託すとともに自分の日本の友人にFacebookで呼びかけることにしました。

数人の、心のある友人が連絡をくれ、それに勇気付けられていたのですが、Cathyの実の父親から連絡が・・・
「お金を集めるのはひとの誤解を生むから、危ない、やめなさい。やるなら赤十字に頼みなさい」
というものでした。
実際、父にそれならばと赤十字の寄付先を送ったのですが、返信はなくて・・
記事を読んで賛同してくれるにも関わらす、メッセージさえない友人も多くて・・・

Cathyは正直、悲しくなってしまいました。

自分のために数万円のエステを通うひとはたくさんいます。
自分のために数千円の洋服を買えるひとはたくさんいます。
自分のために数百円の漫画本を買えるひとはたくさんいます。

でも、いざひとのためには数百円も与えることはできないって、どういうことでしょう。

父のような考え方をする日本人も、いることは認めます。でも、今回、Cathyに直接連絡をくれたのはCathyのことを心から信頼して寄付金を託そうと思ってくれた友人達です。

そんな友人達の気持ちを台無しにしてしまっているように思い、Cathyはとても悲しくなってしまったのです・・・

優しさの価値基準って、何なのでしょうか。

ちょっと路頭に迷う気持ちになってしまった、20代最後の春なのでした・・

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyのヨルダン生活奮闘記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ