南イタリアの田舎駅



うたかたの眠りからふと目を覚ますと、隣のベンチがなくなっていました。

時計を見ると時刻は朝の2時半。正確に言うと、1人づつ腰掛けることのできる、よく駅にあるようなプラスチック製の椅子が4つ組み合わさっているものが2組、この待合室には並んでいたはずなのに、一方が忽然とその姿を消しています。

南イタリアのナポリからブーツのかかとの港町、ブリンデシに向かう途中の電車乗り換え駅。

おりしもその日はクリスマスデイ。真夜中であることも手伝って、駅の待合室はCathyほか、前歯がぼろぼろにかけてしまっており窪んだ目に黒のアイシャドウが濃いイタリア人のおばちゃん、遠くのほうで毛布にくるまって眠りこけている性別さえ定かでない乗客のみでした。そのおばちゃんも、Cathyの座っているほうのベンチに自分の荷物を置き去りにしたまま、今は外に出てタバコをすっているのがガラス扉ごしに見えます。

乗り換えする予定の始発まで、あとまだ2時間もあるので、Cathyは自分の荷物に寄りかかって、うとうととしていたところなのでした。

最初は寝ぼけながらまだ夢の続きを見てるのだと思ったのですが、やはりどう考えてもおかしい。
どうでもいいことなのかもしれないけど、気になると仕方がなくなってきちゃって。

突然、どこからともなく現れた中背の黒人のお兄ちゃんに話しかけられました。

「ハロー、○×●?・・・・!・・・」

・・ハローしかわからない。でも、彼のイタリア語会話の中に、時々英語の単語に似たイタリア語がまざっています。

「・・ポリッツイア・・・」

彼の指差す方向を見ると、Cathyがついさっきまで考えていた4人掛け1組の待合イスが、はるか向こうの扉の近くまで移動しています。その上には彼の荷物らしきものも、のせられているようです。
どうやら、身振り手振りからして、

『もしポリッツイア(警察)が来て、君にここにあったイスはどこかと尋ねたら、知らないふりをしてくれないか』

と言っているようです。推測にすぎませんが、Cathyが座っていたイスはちょうど電車の着発表示をする電光掲示板の前にあったこともあり、駅構内でも常に光をあびていました。
仮眠をとりたかった彼としては、その光はまぶしすぎたのでしょうか。

それにしても、まぶしいからって4人分もある大きなイスを移動させちゃうなんて、さすが南イタリア。
過酷な状況にあっても一時ならとガマンを決め込んでしまう日本人と比べて、自分の快適なように周りをもっていくところに、妙に感心・納得してしまうのです。

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

外貨の両替なら「日本最安!!」マネーパートナーズ

イタリアからギリシャへ船で行ってみよう~2012年旅の技術~



イタリアのBrindisiという港町から、ギリシャのPatrasまでGrimaldiLinesという船会社の船が出ています。
料金はデッキシート(夏季は実際に甲板でも寝られるようですが冬季は船内のイス・テーブルのあるコモンスペースに雑魚寝です)
で36.20EURO(2012.12.27-28)。予約ウェブサイトは日本語も使用可

http://www.aferry.jp/

もちろん、寝台やシングルの部屋もあるようですがパッカーは最安の雑魚寝コース・・他料金は上記サイトまでどうぞ。

Brindisiの港のチケット売り場に行くと、無料のシャトルが船着場のあるPalermoまで出ています。
出航1時間前にチェックイン、船まで続く車道を100mほど歩き、セキュリティチェックをうけると乗船。そして夜19時に出航!

ギリシャ側の町、Patrasに到着するのは明日の12時30分予定です。

1時間前にチェックインしたにも関わらず、船内は既に家族連れや友達どうし、それに既にへべれけになっているトラック野郎だらけ。。
階段の踊り場に敷物を引いて寝ている家族まで・・場所とりするなら2・3時間前とかに来ないとなのかもしれません。

長旅に備えて、Brindisiのスーパーで買ったもの。

・お水1リットル
・パン2個
・ヨーグルト1個
・りんご2個
・ドンタコス的チップス1袋
・チーズ1個

初ギリシャ、楽しみが募ります・・!

朝5時頃、船内放送とともに、どっと床までツメツメだったフロアの乗客がいなくなりました。
皆、イタリア半島から島へ年越しの里帰りだったのでしょうか。
閑散としたフロアに残されたのはCathyとカップル1組のみ・・これはこれで寂しい気もします。

朝8時35分
ギリシャの港、パトラスに到着!

アテネ市内まで移動:
港からバスターミナルまで私営バス(30分ごとの運行・1.5ユーロ約10分)
バスターミナルからアテネ市内まで約2時間半(19ユーロ)

船旅も意外に情緒があるものです。是非試してみてください♪