放っておかれる居心地の良さ~NYC~



ニューヨーク。この大都市には、どこか人を引き付ける魔力があります。
人々はごく自然に、自分のありのままで生きています。

たとえ、朝ベッドから起きたままの寝巻き格好でウォールストリートを歩こうとも
たとえ、足が痛いからとハイヒールを綺麗なブランド物のバッグの中に直接突っ込んで平然と電車に乗っていても
たとえ、同姓同士が手を絡めあって歩いていても

人々は彼らの横を通り過ぎたあと2度見たりすることはありません。
なぜなら個性をもった人々は路上のあちこちに多く存在しているからです。
NYCは広い白地のキャンパスであり、そこで暮らす人々はそれぞれ異なる色を持った絵の具のよう。

この街では自分で自分の個性をイントロデュースしなければ空気のような存在になっちゃうのかも。
それは色をもたない絵の具といってもいい、無色透明の絵の具。
ただ、それらの絵の具はどんなに複雑な色合いや作り方をされていても基本放っておかれるのです。

放っておかれる居心地のよさ。
それでいて、散歩をしながら知らないもの同士がふとした会話で盛り上がる。

この街はなんなんだ?!

あなたは何者でどこから来てなにができるのか。
この街はいつもそれを聞いている気がするのです。

それは日本人がついぞ忘れ去ってしまっていることの一部であるかもしれないのだと感じるNYC訪問でした。

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

外貨の両替なら「日本最安!!」マネーパートナーズ