グルジア・メスティア村からトルコへ移動(2013年旅の技術)



塔の立ち並ぶコーカサスの村として有名なグルジアのメスティア村から、さてさてトルコの港町、トラブゾンまで移動することにしました~

朝の7時にバトゥミ行きバスを探しましたが、一旦乗るも、これはクタイシ行きだと言って降ろされました

結局8時すぎにバトゥミ行きに乗車、トビリシ行きの乗客と一緒に。20ラリ

11時半、ズグディディ駅前でバトゥミ行きに乗り換え、12ラリ

14時バトゥミ駅前出てすぐのサルピへのバスに乗り込む50セント 16.110番

15時前に国境へ ケマルパシャ行きマルシュ1.5トルコリラ10分

ホパ行きマルシュに乗り換え3リラ15分

ホパの中心から歩いて15分くらいの場所にバスターミナルあり。 メトロ社バスでトラブゾンへ。20リラ

トラブゾン到着は夜の7時でした~1日がかりの移動となったので今日はこのホテルで一息・・ ENVYホテル 歩き方に記載あり☆1泊25TLにしてくれました!最近の日本人定宿はBenliホテルに泊まっているようですが、シングルでとっても快適なここもなかなかお勧めでしたよ!

Cathyの泊まったイラン宿情報(2013年旅の技術)



【テヘラン】

・マシュハドホステル

ドミ150000リアル(約5ドル)

共同キッチン、Wifi有り(使用台数に制限がある為大人数が使っていると使用不可に)、洗濯物干し場有り。

有名な安宿。地下鉄エマームホメイニ駅から徒歩5分、メロット駅から徒歩2分のアミールキャビール通り沿いにある。

従業員のオカムラさん、日本人贔屓があからさますぎて中国人から嫌われてました・・

 

・メヘルホテル

シングル560000リアル(約18ドル)

共同キッチン、Wifi有り(サクサク)、朝食付き。

地下鉄メロット駅から徒歩1分のモスクの裏側にある。マシュハドホステルのあるアミールキャビール通りから横道に入ると見えます。

高いだけあって、部屋にはタオル、石鹸、水などのサービスもある。

 

【シラーズ】

DARYA HOTEL

ツインのシングルユース 200000リアル(約6.5ドル)交渉後

共同キッチン(汚い)、冷蔵庫、エレベータ有り。

受付のおっちゃんは親切で、よくお茶をくれました~

場所は地球の歩き方にも記載ありますが、ショハダー広場から200mくらい入ったところにある。

 

【ヤズド】

Silkroad Hostel

ドミ 150000リアル(約5ドル)

Wifi有り、豪華な朝食ブッフェつき。コーヒー、紅茶、ジャムやパン、フルーツ、野菜と盛りだくさん。

中庭はお花の咲き乱れる極楽のような空間。

共同スペースが広いので、ゆったりと一日中すごせます。

こちらも地球の歩き方に掲載有り。

旧市街への入口に立つ、マスメデジャーメのすぐ近くです。

 

中国の食事

こんにちは、Cathyです。今日はCathyの大好きな中国フードを紹介しま~す♪

大毛虫ロール・・・コンビニで買えます!ツイストされた大きめのパンで砂糖がけやクリーム入りも。だいたい3元。お友達に言わせると、ネーミングセンスは可愛くみせようとしているのだとか・・日本式に考えると何故虫の名前を

食べ物につけるのか不明。

撒尿牛丸・・・真ん中で決して分けて読まないでください(笑)牛肉の肉団子に、肉汁を詰めた一品。火鍋などを食べるときに出てきます。ショウロンポウの肉団子バージョンみたい。美味~!!

中国水果(果物)・・・果物屋さんで買えば、1キロ3元や5元です!!スイカ1/21.5元くらいのときも!!!桃、葡萄、梨、りんご、バナナなどなんでもござれ。

包子(肉まん)・・・朝になるとどこからともなく路上に屋台がでてきます~だいたい11.5元で買える。具はニラだったり、春雨とミンチだったり。ついでに一緒に売ってる豆乳(温)1元もどうぞ。

ソーセージ・・いろいろな形と値段があります。大体通常サイズ3元。日本と違って肉の配分が少なく、炭水化物でかさ増ししてるので、お口に合わない方もいらっしゃるかもしれません~

カップラーメン・・電車人口は必ずといってもいいほど持ち込むカップラーメン。中には必ずフォークがついているので、皆出来上がり待機時に蓋にグサッと刺して固定するのに使っています。お味は大体牛肉麺で、麻辣と書かれていたら辛いやつ。だいたい4元。

餃子・・・水餃子が一般的。小指サイズ15個で7元くらい。蒸篭まるまる1つ、サーブしてくれます☆

以上食いしん坊Cathyのプチ中国フードコーナーでした♪

九寒溝から西安へ(2013年旅の技術)



中国四川省の九寒溝から西安へ行ってみました~

まず、九寒溝のバスターミナルから広元へ向かいます。(朝6:30発。チケットは当日窓口で買って乗れます)

93元 所要時間約7時間

途中、四川大地震でやられたと見られる復興もままならない山道を通ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お昼休憩のご飯は庶民食堂で10元(飯&オカズ数品)でした~

15時すぎに広元到着。広元はバスターミナルと鉄道駅が隣なので便利です。

電車を聞くと、西安行きの値段は132元だけど当日分は売り切れてしまったようで。。

仕方なくバスターミナルに行くとこちらも当日分は完売・・

すると、そこにするすると見知らぬおばちゃんが。

これぞ中国の闇バス!!バスターミナルにうろうろしているおばちゃんは、安宿の斡旋している乗り合いバスの客引きです。

(使い方によっては格安で中国各地に行けます。ここで聞いたら広元から瀋陽までがバス400元(電車だと500元)でした!!)

今回は西安に行きたかったので、西安行きのチケットを120元(17時発)で売ってもらいました~

しかも、電車よりも早く当日の12時(深夜)に西安到着。この闇バスを使わずとも電車よりもバスのほうが西安へのアクセスは良いようです。

ご参考になれば~

イランーアルメニア国境情報(2013年旅の技術)



イランーアルメニア間は、1社しかバスの運行がないためなんと60ドルちかくもバスがするらしいので・・Cathyは乗り継ぎ作戦でいくことにしました~

テヘラン 9:30PM発 → タブリーズ 翌朝 6:00AM着 約9時間 バスは西バスターミナルから。160000リエル

タブリーズのバス停 → アゼルバイジャンスクエア 約10分 タクシー 50000リエル

アゼルバイジャンスクエア → ジョルファー 約2時間 シェアタクシー 80000リエル

ジョルファー → イラン国境 約1時間 タクシー 200000リエル

イラン国境-アルメニア国境 徒歩で橋を渡ります 橋を渡るまではスカーフ取れないよ!!

(※リアル余ってたらイラン側で換えるのをお忘れなく!ドル・ユーロはアルメニア側で高レート両替可能です)

アルメニア国境からはヒッチしてエレバンまで車で8時間くらい。

でも見た感じトラックしか見当たらない国境。。エレバン側から来たら、ローカルバスで国境近くのメグリまで来れるみたいだけど・・・(5000ドラム、7時間)

だからヒッチ→メグリ→ローカルバスでエレバン。スムーズにいけばその日中に到着。

最終手段は、深夜12時頃に国境に到着するバスを待って、国境からエレバンまで乗る。到着は次の日の朝です。

【エレバン市内・イランリアルの両替】

SASスーパーマーケットという、共和国広場から歩いて5分くらいのスーパーでできます。

でもレートは最悪です>< Cathyはここにきて、イラン側ボーダーで両替していなかったこと後悔したよ!!(だって、アルメニア側でもできると思ったんだもん・・)

結局50ドル分くらいのイランリエル持ってたのに・・アルメニアドラムに換金したら40ドルくらいになっちゃった。

みんなに言われた、イランの銀行MellatBankでも、イランリエルは取り扱いなし!!なんて不親切な・・ハイパーインフレ通貨はどこでもお断りってこと・・?

Cathyの泊まったパキスタン宿情報(2013年旅の技術)

スリック コンパクト旅行用三脚BH【フジックス】 スリック コンパクト旅行用三脚BH
7,776円
軽量、コンパクトさが魅力の、ベーシックな旅行用三脚!
Ads by 電脳卸

パキスタンの宿の問題はWifiと電気でしょうか。

田舎にはWifiはありません~電気は場合によっては自家発電しているようですが、山岳地帯では安定しません。いずれにしても首都イスラマバードでもたまに起こる停電。気長に、気楽に旅することが必要です~

【ススト】

Asia Star Hotel

ツインのシングルユース 300ルピー 風呂・トイレ込み

国境をぬけてすぐ右手にある。電気は発電機を使用して午後6時から自家発電をしている。

マネージャーはとてもいいひと。朝食はパラータとジャム、チャイで100ルピー

【パスー】

Passu inn

ツインのシングルユース 350ルピー 風呂・トイレ込み

スストから乗り合いバンに乗っていくとこのホテルの前で降ろされる。

庭になっている林檎は食べ放題。

【グルミット】

Marcopolo hotel

ツインのシングルユース 1000ルピー 風呂・トイレ込み

中央広場から道をKKHのほうに下ってゆくと、左手に見える。

パッカーはどうやら、このホテルを通り過ぎてさらに下ったContinental hotelに泊まってるよう。

【カリマバード】

・コショーサンゲストハウス

シングル 200ルピー(9月からオフシーズン料金)、ドミ100ルピー(コショーさんはお掃除が苦手なようで・・ドミにはダニ発生中!!

2階にあるシングルは、窓から雄大な山々が望め、とってもナイスなお部屋です!

コショーさんの作る手料理も最高に美味しい!!(特にプディング)

ただシャワー故障中で、ホットシャワーなし。お湯を沸かしてお風呂に入ります。

カリマバードの入口、パキスタンナショナルバンクの下にあります。

※ちなみにカリマバードからイスラマバードへは、いったんアリアバードに行ってからバスに乗ることになります。

直通バス:アリアバード→ラワールピンディ(イスラマバードからすぐの町)2200ルピー朝7時発翌朝7時着(24時間)

チケットは前日までに予約とのことでしたが、当日、全然空いてました~

【イスラマバード】

STAR HOTEL

住所:Sitara Market,G-7Markaz,Islamabad

電話:051-2202943

シングル 700ルピー、ダブル 1200ルピー

Wifi有り、屋上に洗濯物を干せます。安いお部屋には小さなアリンコがいっぱい。ベッドに登ってきて噛むのでお気をつけて・・

場所はシタラマーケットの中。タクシーでシタラマーケットというと、連れて行ってくれます。

BLUE STAR HOTEL

シングル700ルピー

Wifi無し、隣にネット屋、ランドリーショップ有り。STAR HOTEL2,3軒隣です。

部屋はSTARHOTELより断然綺麗。

※ちなみに補足で、イスラマバードでビールと美味しい中華料理がお手ごろに食べられる場所を紹介します☆

Xin Dong Fang

住所:House14,Str.68,F-8/3,Islamabad

電話:051-2850762

シタラマーケットからタクシーで100ルピーくらい。見た感じは高級住宅地の一軒屋。でも中に入るとちゃんとしたレストランです~

美味しかったので2回も行っちゃいました 笑

※※補足の補足・・

イスラマバードからラホールまでは、Daewooバスという超快適バスが運行しています!!(乗らなきゃソン☆)

シタラマーケットから歩いて5分程の場所にKhada Marketという場所があり、そこから30ルピーのシャトルバスでDaewoo専用乗り場へ。

ラホール行きは頻発。1180ルピーで4時間。お水、ジュース、ランチボックス(お菓子とサンドイッチ)のサービス有り。 音楽も聴けます!

【ペシャワール】

ROSE HOTEL

住所:Shoba Chowk,Khyber Bazar,Peshawar City

電話:091-2550755

地球の歩き方にも載っている旧市街の入口に位置するホテル。

シングル 700ルピー ダブル1000ルピー

Wifi有り、屋上にはレストラン有り。ラッシー美味しかった。

部屋によってはゴキがでるので下見が必要。

【ラホール】

Legal internet inn

住所:Surriaya Mansion,Near Regal Cinema,65The mall,Lahore 54000,Pakistan

電話:92-42-37311987

有名なパッカー宿。動物園の近くにある。

ドミ 250ルピー

Wifi有り、自家発電しているので停電していてもWifi使える。

屋上でフリー洗濯機、物干し場。キッチン、水、女子用の服やスカーフ無料。

とにかく居心地のいい宿でした~

シルクロードからパキスタン・フンザへ(2013年旅の技術)

バックパック(SKATE) SF-2375-GY-550・グレー【フジックス】 バックパック(SKATE) SF-237…
5,457円
スケートボードモチーフのバックパック。
Ads by 電脳卸

旅人のために、Cathyのとったルートの情報をアップします☆

西安→蘭州 電車:硬座 頻発。

蘭州→敦煌 電車:硬臥・244.50元(K591次)19:01発、所要時間約14時間 西安始発の電車に乗りました。敦煌の駅から市内までは市内行きバス(3元)で約10分。

敦煌→トルファン バス:寝台・161元19:00発 所要時間約12時間 トルファンの北約3キロの路上でおろされました。市内までタクシーで5元。

トルファン→ウルムチ (トルファン市内からはトルファン電車駅までバスが頻発・朝8時より、11元・所要時間約1時間) 電車:硬座・23.50元(K453次)16:59発、所要時間約3時間 電車駅は郊外。トルファン市内のバスターミナルからトルファンの電車駅まではバスで11元で約1時間。 (朝8時から30分おきにでています)

ウルムチ→カシュガル 電車:硬座・184.50元(K9786次)9:39発 所要時間26時間

カシュガル→タシュクルガン 乗り合いバン:短距離バスターミナルより朝10:00発、所要時間約6時間半、55元

タシュクルガン→ススト 交通賓館の隣にあるバス停からバスが出ます。 朝10時から交通賓館とバスターミナルの間で待ち、10時半発、バスに乗り込んで約1キロ先のカスタムまで行きそこでチケットを買います。225元。 バスチケットはバスターミナルで購入もできるようです(同額) バスターミナルの営業時間は朝8時半~(チケットなくなり次第終了)と夕方5時~7時半まで(北京時間) 自分でカスタムまで行く場合は、歩き(交通賓館から徒歩20分程度)かタクシー(5元)。カスタムは11時に開くので、それにあわせていけばOK。

途中、中国側でカラクリ湖という場所を通過します。

おばちゃんたちがゲルの前でおいでおいでをしていました~どうやら民泊も、できるよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スストまで行く途中に、国立公園エリアを通過します。入園料8ドル(現地人は20ルピー・・・) くねくねとした山道を通りスストまで、順調にいけば6時間程度で着きます。(時計の針はパキスタン側に入ったら3時間戻してください)

Cathyはスストで一泊しました。

Asia Star hotel シングル1泊350ルピー スストは国境の本当に小さな村ですが、裏手にある村までつり橋を渡って行けます。 杏子や林檎がたくさん鈴なりになっていたり牧草地があったり・・空まで届くかのような山々は息を呑む美しさです。

IMG_3037[1]

翌朝の早朝、朝の7時半にパスー行き乗り合いバスに乗る。KKHの道沿いから出発。150ルピー

約1時間走ったら、パスー村の入口に着きます。バスが止まった目の前にあった宿に宿泊。 Passu inn シングル1泊350ルピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パキスタン人と結婚した日本人女性とお友達になりました~どうやらこのフンザ一帯は、みんな家族や親戚のようでどこの家の誰が今旅行をしているという情報まで彼らは知っています・・悪いことはできないですね 笑

翌朝、次の停車地はグルミットへ向かいます。 Cathyはお友達に送ってもらったのでわかりませんが、もし乗り合いバスなら早朝6~7時前後にホテル前に来るのをつかまえてください。料金はスストからなら200Rsでした~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

枯れ木の並ぶ、KKH。4年前の土砂崩れによって、せき止められた3つの川は、瞬く間に湖を形成し多くの人々が住居を失ってしまったそう。なんとも悲しくなる風景です。。

突然コンディションの悪くなるKKHを進み、20分ほどでグルミットへ到着。 ちなみに村の中心から船着場までは徒歩約20分。KKH沿いひたすら歩くと着きます。バスなら50Rsくらい??Cathyはヒッチしました~

グルミットの船着場。ボートは150Rs(現地人は100Rsだった)で、満員になったら出発です。約1時間で湖の反対側、アタバードへ。(できればエンジンから遠い場所に座るのがお勧め!エンジンめっちゃうるさいです・・)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アタバード側からは対岸で待っているアリアバード行き乗り合いバスで、カリマバードまでいきたいと言って乗せてもらってください。100Rs 約30分でカリマバードのふもとの分岐点で下ろしてくれます。

そこからカリマバードの中心まで、山道を約20分 登ります。トラックが通りかかったらヒッチできます♪ Cathyも泊まったお勧めの宿、コショーさんゲストハウスは山道を登りきった左手に見えます♪

Cathyの中国安宿まとめ

DOPPELGANGER OUTDOOR(R) 2WAYアウトドアキャリーバッグ【フジックス】 DOPPELGANGER OUTDOOR…
9,236円
キャリーバッグとバックパック
Ads by 電脳卸

もはや物価が恐ろしい勢いで日本にせまりつつある、中国の旅。。安宿も50元前後が一般的です。

【昆明】

昆湖飯店

シングル(バス・トイレ共同)80

ホットシャワー24時間。部屋は清潔なダブルベッド。昆明の電車駅から歩いて10分くらいの北京路沿いにある。

Wifiは無い。

 

【成都】

Sim’s Cozy Garden Hostel

ドミトリー4人部屋(バス・トイレ部屋の中にあり・AC50

成都の電車駅からバス1番に乗って一環路北四段の陸橋を越えたら降りる。

オーナーだったシムさんと日本人奥さんマキさんから経営が変わった。

水とお湯が常時無料。ベッドは清潔で充電用の電源が各ベッドにある。

ホテルでもらえる周辺の地図(無料)には、市内の見所や交通手段などの情報が満載。ここに載ってる坦々麺は絶品☆

日本語が話せるスタッフもいる。日本語の本交換可能。Wifi完備。

 

【九寒溝】

九通賓館

シングル(バス・トイレ共同)80元・朝食付き

部屋は本館ではなく離れになる。

すぐ目の前が九寒溝の全てのバスが発着するバスターミナルなのでなにかと便利。

九寒溝の入口からは東に800m程離れている。

 

 

【西安】

七賢国際青年旅舎

ドミトリー6人部屋(トイレ・バス共同・AC50

西安の電車駅から徒歩10分くらい。解放路を南に行き西七路を右手に入った道沿いにある。

伝統家屋を改造して作ったユースで、趣がある。洗濯物干し場あり。

日本語の本も置いてある。Wifi完備。

 

【敦煌】

飛天賓館

ドミトリー6人部屋(トイレ・バス共同)50

60元といわれたのを値切って50元。

敦煌の電車駅から市内行きバス(3元)に乗り、沙州市場前で降りたら徒歩約15分(or 3番バスで鳴山路まで行く)

ホットシャワーは夕方6時から12時まで。

宿をでてすぐ道の反対側にスーパーがあり、便利。Wifi完備。

荷物の預かりは2元。冬場はドミトリーが閉鎖されることもある。

 

【トルファン】

トルファン賓館

ドミトリー3人部屋(トイレ・バス部屋の中にあり)50

トルファンのバスターミナルからは歩いて5,6分。部屋は地下にあり、湿気が溜まりやすく掃除もおざなりなのであまりお勧めしません。場所はトルファンバスセンターから東に歩き、青年路を右折。葡萄の棚田沿い、左手に建物が見えます。

Wifi110元。

 

【カシュガル】

麦田青年旅館

ドミトリー8人部屋(トイレ・バス共同)35

 

カシュガルの電車駅に着いたら、バス20番か28番に乗り結核病院前で下車。1元。人民東路を病院を背にして横道に300m入ったところにあります。

周辺はウイグル族と漢族の共生地区。中国の料理もウイグルの料理も食べられる。隣がコンビニで便利。

共同のリビングからは煌びやかなカシュガルの夜景が眺められ居心地よい。

Wifi完備。

 

【タシュクルガン】

交通賓館

ドミトリー3人部屋(トイレ・バス共同)40

カシュガルからパキスタン・スストへの国際バスも、直通バンもこのホテルの隣にあるバスターミナルに止まります。

初めは50元でしたが値切って40元。

 

ベッドは清潔、お湯は1階で浴びれます。部屋に歯ブラシなどアメニティ有り、電気ポット、カップ、テレビもあります。

 

旅の技術その③プーケットからバンコクへ



プーケットの町は、ちょっと複雑です。まず、プーケットタウン内に泊まる宿泊客はあまりおらず各お気に入りのビーチを探して泊まる・・というのがひとつ。加えて各ビーチはタウンからけっこう離れてますので・・

Cathyの場合はシャロンビーチというビーチ近くに宿泊。ここはカロンビーチなどに比べるとあまり観光客がおらず、オフシーズンにはがらっがらのエリアです。にぎやかさを求めるなら、カロンとかがおすすめ。

カロンビーチまでは歩いていける、とのことでしたので、同じ宿の日本人の男の子と一緒に山道を越えててくてく1時間。欧米人だらけ・サーファーだらけのビーチ見学に行ってきました☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

疲れたので帰りはタウンまで乗り合いソンテウで。

遅ればせながら本題。その日はプーケットからバンコク行きバスのチケットを買うことにしました。

タウンのoldバスターミナルの入口付近に、TRANSPORT社のオフィスがあります。

oldバスターミナルでもダフ屋がうろうろしているので買えるそうなのですが、もし彼らから買うと正規料金でなかったり、VIPバス料金で2等に乗せられたりと・・あまりよくない噂があるそうな。

Cathyは偶然、地元のおっちゃんの助言がありTRANSPORT社に辿り着きました。

プーケット20時発バンコク翌朝9時着2529バーツ。夜行は1便のみ。他にも数便でてましたが、バンコク着が夜中1時とか、ちょっと不便だったので夜20時の便にしました。(チケットの下には無料のドリンク券がついていて、豆乳とかジュース、お水などが配られます)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チケットを買った窓口で、「バスの出発はここではなくて、新しくなったから。TERMINAL2に行ってね」

といわれましたが、??どこやねん、TERMINAL2って・・・

結局、時間的にソンテウも終わっていたのもありシャロンからバイクタクシー値切って150バーツで行っちゃったけど、Cathyがもともとプーケット到着したときのバスターミナルが、その新しくなったらしいターミナルでした。

時間あるなら、ソンテウ運行終了前の5時半までにプーケットタウンに着いて、タウンのOldバスターミナルからローカルバス使って10バーツで行ってもよかったな。

とまあこんなかんじでCathyのバンコク入りは実現したわけです。

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ

旅の技術その②マレーシアのペナン島からタイのプーケットへ!!



マレーシアのリゾート、ペナン島からタイのリゾート、プーケットへ()

実はどちらも海に囲まれた島なんですね。

直通の国際バスもありますが、やはりここは国境まで行ってみることにしました。

ペナンで宿泊したジョージタウンにある、安宿75TRAVELLERS LODGE(ここは働いてるおっちゃんがとても親切。親日的!ドミ12RMでした。住所:75 LEBUH MUNTRI,10200 GEORGETOWN,PENANG)で、タイ側国境の町、HATYAI(ハジャイ)までの乗り合いバンを手配してもらいました。(ペナンにある旅行代理店でも申し込めますが、値段はだいたい同じ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

16時ホテル前ピックアップの、30RM(約900円)。ところが15時過ぎにホテルロビーで早々と待っていたら、お迎えがきました 笑

とりあえず乗り込みます~

Cathyの乗ったバンにはその他欧米人含め12人店員ぎっしり。小さなバンはその小ささと裏腹に猛スピードでコンクリ舗装された道を突き進みます。

・・そのうち、渋滞にひっかかりました。どうやら車両火災による交通規制のよう。1時間ほど止まったり、のろのろと動いたりを繰り返して・・また、猛スピードで走り、18時半頃に国境へ。

さようならマレーシア。

タイ側の国境で、係員が間違えて30日滞在可のハンコを押しちゃった!きゃ~嬉しい♪・・なんてことにはなりませんでしたw頭を抱えながら彼、ボールペンでぐちゃっと訂正して15日に訂正。そんなしぐさがちょっと可愛い。そしてCathy無事、タイに入国しました~☆ぱちぱち。

初めて見るタイ語の看板、バイクに乗ったひと・・マレーシアとはぐっと異なる空間に新鮮な感動を覚えながらその後走ること約1時間。HATYAIのバスターミナル到着~約5時間かかりました。

タイバーツがほしかったのだけど、どこにも両替する場所がなくて・・

妙に話しかけてくるダフ屋?正規のバス運転手?なのかなんなのかわからない正体不明の彼ら曰く、バスの切符窓口で両替もできるそうで。聞いてみるとありえないレート。これは違法両替。ていうか、民営でも会社で働いてる窓口の人間が堂々と違法両替するってどうよ・・

とりあえずバスターミナルを一歩出てみると、小さな商店に簡単な紙切れ一枚、EXCHANGEとある。

レートはあまりいいとはいえないけど小額の30ドルだけバーツに替えて、とりあえずチケット売り場に戻り、プーケット行き2等バスのチケットを買いました~(293バーツ、約900円弱)

2030分発。Cathyの時計を見ると、あれ、もう21時。そうか、タイとマレーシアは1時間時差あるんだった~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2等バスは時刻どおり出発し、車内は案の定冷凍状態な冷房の効きよう~このままでは凍死しそうなので、Cathyは簡単なひざ掛け一枚を持ち込むのをお勧めいたします。

プーケットには翌朝3時半に到着。やることないし湿度も高く暖かいので6時頃までバスターミナルで寝ることに。。

カサカサ・・

あれっ??

Cathyぎゃーーーーっ!!!!

なんと、この温暖多湿が効を奏してか(?)ご○ぶ○様がCathyのバックパックにしがみついてた・・・!!!!

ひともまばらなバスターミナルで早朝からバックパックをぶんぶん振り回すことになろうとは。

ついでのおまけ☆

プーケットの長距離バス発着ターミナルはタウンから3キロほど離れた北バスターミナルという場所になります。

6時からローカルバス(ソンテウ)がでており、10バーツでタウンまで運んでくれます。そこから各ビーチに行くためには、歩いて10分くらいの市場の前にあるビーチ方面のソンテウ発着所まで行かねばなりません。(35バーツ)このビーチソンテウは運行時間が短く、夜の18時にはなくなってしまうのでご注意を!(ツクツクもタクシーも、プーケットは高いです><。)

ちなみにCathyは面倒くさがりなので、とりあえずタウンまで行ったあと、シャロンビーチにある日本人宿、ほうぼう屋さんまでバイクタクシーをつかまえました(150バーツ。値切れば100も可能かも)。

ソンテウとかは、停留所とかはあってないに等しく基本走ってるのを手をあげて捕まえるしくみです。

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓

人気ブログランキングへ