悪夢にうなされる~そして警察署へ~



やだ。やだやだ触らないで!!
夢の中で、Cathyの身体にたくさんの手が伸びてきて触ろうとしています。
がんばって振り払おうとしても、無数の手は振り払っても振り払ってもついてきます。
しつこくて、苦しくて、、、、、

もう!!

そこで目が覚めたCathyは、ふと枕元にひとの気配がしておののきました。

”誰?!”
こんどは本当の声が出て、その人影は少しゆらめきました。

”僕だよ”

”ああ、アシュさんか”

彼の名前はアシュフィナックさん。エチオピア2日目にして湖畔の町、バハルダールで出会った地元人です。
昨晩、泊まるホテルが見つからず困っていたCathyを見かねてお家に招待してくれたのでした。
彼のお家のお庭でエチオピア伝統料理のアンジェラ(日本人旅行者の中では見た目ぞうきん中身ゲロなどという形容もついているそうですが)をいただいて、それから一緒に近所のバーで飲んだくれたCathyは、彼の家の
ソファーでそのまま眠りこけてしまったのでした。

”なんで私の枕元にいるの??ソファーの下で寝てなかった?”
”君が突然、金切り声をあげたんだよ。心配したから来たんだ。”

”ほんとう??ごめんなさい、私なんだか悪夢見ちゃって・・たくさんの手が伸びてきて触ろうとするんだよ”

時計を見ると、午前2時を少し回ったところでした。
うとうととまどろみながら朝を迎えたCathyは、朝起きると身支度をはじめました

”もう、行くのかい??”
”うん、友達が首都のアディスアベバで待ってるから。はやく行ってあげないと。”

それは真実でもあり、若干彼に薄気味悪さを感じていたからでもありました。
大通りまで出るとそこでアシュさんはバジャジ(ツクツク)をひろい、運転手にお金を持たせました。

”ありがとう!”

手を振りあとにしたCathy、バス停に着くとまっすぐチケット売り場に向かいます。

”アディスアベバ、ハウマッチ??”
言いながら腹巻から出したお財布を開けると・・・・・・・無い。無い無い無い。5枚ほど、確かに入れてあった100ブル札が、見事にすっからかんになくなってます。

とたんにCathyの中の疑惑が一気に繋がりました。

かたまったCathyをみて、チケット売りのおっちゃんは大丈夫か??という心配そうな視線を投げてきましたが相手にできる余裕はありません。Cathyは一瞬で決めました。

これは全面対決だ。

昨日、楽しく一緒にお酒を飲んだり人生の話をしたりしたのに、こういう結末は悲しすぎる。でも思い起こせば頼んでも無いのに4度もお酒を注文したり、夜中寝ていたのとは反対側のCathyの枕元に立っていた彼の行動は考えれば考えるほど不審なものでした。

とりあえず、どうすればいいかわからずアシュフィナックの家に向かい歩くことに。
歩けば歩くほど、自分が信頼して身をまかせたぶん、自分のまぬけさが嫌になってどんどん気持ちが暗くなります。
そうして歩いていると、自転車に乗った少年が話しかけてきました。
”ハウアーユー??”

”いま、ちょっと機嫌が悪いの。ひとりにしてくれない??”
”なに??なにがあったの??”
”地元のエチオピア人にお金盗まれたんだよ!いまから全面対決してやるの!!”
少年はちょっとびっくりしてから神妙な態度になりました。
”そうなんだ、じゃあ警察に行く?警察はここからすぐだよ”

Cathyはじめて彼をまじまじと見ました。悪い男の子ではなさそうです。
”わかった。じゃあつれてってくれる??”

”バレンタインカフェの近くに住んでて、名前はアシュなんとかって言って・・・”
警察署の中の藁を固めて作った壁にもたれながら、長電話している警察官のおっちゃんの前でCathyはアデル君相手に説明を始めました。
”ええ、もしかしてその男ってアシュフィナックって名乗ってない??大柄で、浅黒くて、坊主の男??”
そういって財布の中から何枚かの写真をとりだして見せてきたアデル君。その中の1枚に確かに彼はいました。
”え・・・・・なんで知ってるの??”Cathy,怒りより好奇心がむくむく。
”こいつはこの辺りじゃあ悪くてとても有名な奴なんだよ。このあたりで奴のことを知らないひとはいない”
アデル君は言います。
”ちなみにアシュフィナックってのは偽名で、本当はトーマスって名前なんだ。本当に毎日といっていいほどあいつの被害にあった中国人やら日本人やら外国人が警察署に来てるんだよ。なのに何回もプリズンブレイクしてるようなやつなんだ”

Cathy,ぽかん・・・

”え、じゃあ、彼はアシュフィナックじゃないの??バハルダールの大学の先生してるんじゃないの??”

アデル君、はっはと笑って言います。
”信じたのかい、やつのいうことを。そんなもの全部でたらめさ。仕事は道端でガイドをしたりで食いつないでるはずさ。昔、やつには欧米人の奥さんがいて援助もたくさんしてもらってたんだけど、離婚してからだね、こんな犯罪に走るようになったのは。まあ、とにかくやつはデンジャラスだよ。”

Cathyは開いた口がふさがりません・・・・

ふとうす暗がりになっていた建物の奥に目をやると、なんだか人影が。慣れてくると、暗がりにうごめく人影はあるものは真横に渡された大きな丸太に手をかけ立ったり、またあるものは座ったりしておりなんだかおどろおどろしい雰囲気です。そう、それは犯罪人をいれておく拘置所なのでした・・・ (おおこわ!! 汗)

”大丈夫、僕に任せて。君の盗まれたお金は取り返してあげるよ”
軽くウインクするアデル君に、ほんまかいなという気持ちもありましたがひとまず身をまかせてみることにしました。

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ

恐怖の移動・朝しか走らないエチオピアのバス!!



知ってましたか??エチオピアのバスは、夜、走れないんです。

治安の懸念から、という噂と、夜は亡霊は出るから、というなんともエチオピアらしい噂と。
真偽のほどはわかりませんが、とにかく夜になると必ずどこかの町に泊まり、そこで1泊を強いられることになるわけです。

てなわけでCathyのエチオピアのバス移動は、過酷のひとことにつきました。
なにしろ道路状況の悪いエチオピア。舗装道なら3時間でいけるような道を10時間もかけて走るため、早朝5時発、5時半発のバスがほとんどなのです。

さすがに、毎日お日様があがる前の4時半とかに起きて準備して・・
真っ暗な中デコボコの道を歩いてバス停まで向かうのは本当、骨がおれました 苦笑

早起き回数、計6回。早起き名人になれそう!!

でも、そうして早起きをしてバスに乗っていると、朝焼けの中からゆっくりと大地に顔をだすアフリカの太陽を拝めたりして、ちょっといいこともあったかな。

あ、Cathyからのおしらせです。もしCathyと同じように早朝のエチオピアバスに乗るなら、必ず懐中電灯持参してくださいね!
真っ暗な朝、でこぼこ道で穴にはまって転んで膝をすりむいたCathyからあなたへのアドバイスです・・

国内航空券予約サイト サンクスツアー

スーツケース・旅行用品専門店トコー

【スカイパックツアーズ】

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ

アディスは温泉天国~!!



アディスアベバは知るひとぞ知る、温泉天国なんです。

旅友のマイクからそう聞いたCathy,さっそく行って見ることにしました~

ちなみにマイクは日本人です。お互いに世界一周中にカンボジアで知り合い、アフリカのスーダンで半年振りの再会をしたのでした。

エチオピアには日本人旅行者の中で秘境として有名な、ダナキル火山ってのがあります。ぐつぐつと煮え立つマグマの至近距離まで近づいて見られるという、なんともエキサイティングなアクティビティです。

火山があるってことは、日本みたいに温泉もあるってことですもんね。
正直あまり、期待はしてなかったのですけど・・・

首都アディスにある、地球の歩き方にも載ってる温泉屋さん。
1等、2等とあって1等は個室で3ドルくらいではいれます。バスタオル、石鹸1個つき。
ちなみに2等は、安いですが現地人もたくさん利用しているため待ち時間が半端ないことも。余裕で4時間待った日本人の話も聞きました。

3ドルなら、と1等の部屋に決めたCathy。早速係りのお姉さんに案内されたお部屋は大きなバスタブに、トイレと洗面所つきのお部屋でした~

早速、お湯をバスタブに張るのですがこれが本当に熱いお湯!!ここまでのクオリティは想像していなかったので一気にテンションのあがるCathy。

温泉につかって、極楽~!!!

お湯も、ちょっとぬるぬるしていてなんだかとっても気持ちいいのです。

結局2度もお湯をためなおして入ったあとは、身体も心もほっかほかになってました☆
そして長旅の不摂生のため、荒れていた額のぷつぷつも、このお湯でなんとテュルッテュルに。

アディスの温泉、あなどれなし。

温泉のあとは、近くにある飲み屋さんでビールのドラフトを1杯。ふうう~癒されますなあ。
齢をおうごとにおっさん化していってるのは否めませんが、ビールも大きいジョッキが1杯9ブル(72円)とかなんです!

アディスに行く機会のある旅人さんは、是非お試しあれ♪

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

ゴミ置き場からひとが・・

≪全品送料無料≫るるぶ らくらく旅行帽子≪ポイント2倍≫【WEBショップ【Coppia-コッピア-】】 ≪全品送料無料≫るるぶ らくらく旅行帽子…
3,974円
☆全品送料無料・ポイント2倍キャンペーン中☆るるぶ らくらく旅行帽子/生活雑貨・
Ads by 電脳卸

がさっ、がさがさがさっ

早朝5時すぎにホテルのゴミ置き場から、妙な物音がします。

ここはエチオピアの湖畔の町、バハルダール。
首都のアディスアベバへ向かう直通バスは、早朝5時半の便1本のみなので、早起きをしたCathyでしたが
宿の出入り口まで行ってみてびっくり。昼間にはなかった大きな鉄扉に、なんとも頑丈そうな大きな南京錠が、ぶらさがっています。

さて、どうしたものか・・・と思い、とりあえず騒いで見るCathy。

おはようございまーす!誰かいませんかー??

時計の針は、刻一刻と5時半にせまって行きますが、しんとした屋内はただただひとの気配もなく闇に溶け込んだままです。だんだんあせるCathyは、ふと2階から人影がおりてくるのを見ました。

助かった!!

それは、現地人らしき若いお母さん。片手に大きなボストンバックと、赤ちゃんを前に抱えています。

あなたも5時半のアディス行きに乗るんですか??ここ、この扉開かないんですよ~ 泣

お母さんに泣きつくCathy。
お母さんは心強く頷くと、なんと扉のすぐ近くにうずたかく積まれている段ボールの山を押し分け始めました。

もう!こんな緊急のときにゴミ漁ってる場合じゃないんだけどーー!!

焦りを隠すことができずお母さんの後ろからずいっと覗きこむと、なんとがさがさっと音がして、段ボールの間から長身の人間が現れました。。

どうやら、そこで寝ていた門番のようで、すんなりと扉の鍵を開けて開放してくれる門番さん。
なぜゴミ置き場に寝ていたのか・・

バス停まで一心不乱に走っていると、なんだか笑いがこみ上げてきました。
笑いをうかべながら走るバックパックを背負った東洋人の女を、前から来る通行人が振り返ってみています。
Cathyはこれからもあるだろうアフリカ旅の不思議への期待を胸に、前へ前へ進んでいました。

********************************
Cathyの旅日記、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!

チップスって??・・トイレに駆け込む



う・・ぐう。
お願いします!なんとか・・なんとかバスを止めて!!

必死の形相のCathyを横目で見た運転手は、思わず2度見。

まあ、それほど瀕死の形相を浮かべていたのでしょうけども、Cathyはそれどころではありません。
話はつい1時間前にさかのぼります。

もともとヨガを始めてからというものお肉をあまり積極的に食べなくなったベジ片足のCathyでしたが、食べれることは食べれました。
エチオピア湖畔の町、バハルダールから首都アディスアベバへ向かう3等バスの中で、まさかこんな事態がCathyに襲い掛かるとは。

そのとき、早朝に出発したバスはちょうどお昼にさしかかり、乗っている乗客があれが食べたいこっちのレストランがいいと口々に叫ぶ中、バスはふらふらと蛇行しながら小さな村はずれに停車しました。

周辺にはいくつかのカフェとレストラン。とりあえず、お友達から話に聞いていたエチオピアのパスタを食してみたいと思いふと入ったレストランにいた、エプロンをつけたおばちゃんに聞きます。

ここ、パスタあるのん??

でっぷりとふくよかなおばちゃんは、ブンブンと首をふりあっちだよ、と道の反対側を指差しました。
見ると反対側にもいくつか、同じように軒の低いお店が並んでいます。

アマザキナーロ(エチオピア語で、ありがとう)

反対側のお店に入ると、せわしなく働く若い女の子がいます。エチオピアの女の子の肌は真っ黒ではなく、チョコレート色で、顔つきも、鼻筋がとおっている子も多くて美人だなあと思います。

パスタある??

女の子は英語ができない様子で、ちょっととまどって奥に向かって叫びました。
するとさっきみたいにでっぷりとふとったおばちゃんが奥から出てきて言います。

ここにはパスタはないよ。ここにあるのはチップスだよ。

チップス?チップスってなにですか??

おばちゃん、チップスが何かを説明できるほど英語がうまいわけではないらしく。
ちょっと困った顔をしてCathy達の間に暫く沈黙が流れました・・・

オーケーわかった!そのチップスちょうだいよ!!
痺れをきらしたCathy、とりあえず注文してみることに。チップスってくらいだから、たぶんポテトチップスかなにかの類なんでしょうと思ったのです。

そして出てきたのは、羊の肉のぶつぎりとアンジェラ(灰色の酸っぱいクレープ)だったのです・・

仕方なく、最初の数口を口に運びましたが数口が限界でした。口の中に残った肉の感触をコーラで飲みくだし、出発合図のクラクションを鳴らしているバスに戻ったのですがすぐにお腹の変調に気がつきました。

そしていまに至る。
運転手は、Cathyの顔色をうかがいながら
もう少しだから、もう少しとジェスチャーをくれながらくねくねの山路を蛇行します。
やっと大きな茂みのある広い場所に出て、バスが急停車したころにはCathyの目にはまるでアニメのようにぱちぱちと火花が。

なりふり構えず茂みに逃げ込むと、さっき食べたチップスが固形のままお姿を現しました。
(お食事中のかた、すみません)

チップス、チップス、シップス、シップ・・・羊。
よく考えたらなまってただけだったのね。

ともあれ、この出来事がCathyの今の肉嫌いを確定させる要因になったのでした~

********************************
Cathyのエチオピア旅の記録、お楽しみいただけましたか?
クリックいただけると幸いです♪↓↓


人気ブログランキングへ

海外旅行と言えば、大陸旅行!

オンライン宿泊予約なら【赤い風船】

海外ツアーをオンラインで検索・予約できる!【日本旅行ホームページ】

国内旅行予約は
るるぶトラベル!